気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
パイプオルガンとアヴェ・マリア
今日は、時たま曇が空を覆い、パラパラと雨が降った肌寒いBudapestでした。
連休&旅行シーズンということもあって、日曜なのに街中は人で溢れていましたよ。

さて、今日は以前お知らせしていた教会コンサートでした。
今回はパイプオルガンとの共演で、初めてということもあってとっても勉強になったことや、発見したことがたくさんありました。
パイプオルガンは教会のための楽器で歴史も古い楽器、一方、クラリネットは比較的最近に改良を重ねて作られた楽器。
その時代の違いが良い方にも、悪いほうにもはっきりと出ているように思いました。
おんなじ管楽器でも、オルガンと一緒の時代にすでに存在していたオーボエや、ファゴットでは問題が生じないところで、クラリネットでは細心の注意が必要だったり、はたまたオルガンの音色の違いひとつでとんでもなく素晴らしい音色の共鳴になったりと発見ばかりでした。
そして、もうひとつは音楽専門に作られたホールとは違う「教会」の響きについて。
教会の「とても響く」という環境を利用しての音の作り方はとても特殊で、それでいてその環境から来るなんともいえない雰囲気の音楽が作り出されることです。
今回のお話があるまで、パイプオルガンにはとても興味があったし大好きだったけれど、まさか自分が一緒に演奏し、あの独特の空気の音楽を作れるとは思っていなかったので、今日の演奏会がとても嬉しかったし、楽しかったです♪

そして、チラシを見て来てくださった沢山の方々や、観光客のお客様が演奏会に来ていただけたということも、とても嬉しかったです。
いつも沢山の応援ありがとうございます♪

また機会があったら、是非パイプオルガンと一緒に演奏したいです。
f0015435_6301313.jpg
いつも思うのですが、教会とは本当に神聖で特別な空気が流れていて、そこから言葉では言い表せないエネルギーを感じます。
この写真は今日の教会ではなく、マーチャーシュ教会です。(汗)
今日の教会の様子はまた後日にでもUpします。


さて、次回の演奏会は5/5のこどもの日!!
楽しい・楽しい 子供のためのコンサートです♪



~ Mai Koncert ~
◆ Barokk Kamara koncert ◆
13:00~  a Belvarosi Szent Mihaly Templom

J.S.Bach/ Z.Kocsis : Wachet auf ruft uns die Srimme BWV465
G.Bizet : Ave Maria
Caccini : Ave Maria
Bela Kovaccs : Hommages a J.S.Bach
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-29 06:05 | 音楽・Zene
Egg  たまご Tojas
今日は久々の雨が降ったBudapestです。
お昼過ぎまではとても天気が良かったのに、夕方の出かける頃になって急に雲行きが怪しくなり、家を出るときにはパラパラと降って来ました。
でも、毎日の気温は上がってきているのでそれほど嫌な雨ではありませんでしたよ。

さて、イースターはもうずいぶん昔のことのようですが、日本ではあまり見かけない
イースターエッグ」のお話。
f0015435_6555359.jpg
男性から香水を送られた女性が、お礼にと綺麗に彩られた卵を送るのですが、その描かれた卵はなかなか芸術性高いのです。
イースターマンデーには、イースターの市でカロチャ村のおばさんが大きな卵に、カロチャ刺繍の絵を描いていました。
まだ、午前中の書き始めだけれど、一日かけて個の大きな卵がお花模様になったのでしょう。

そして、本物のたまごを使った芸術品は・・・
f0015435_743686.jpgf0015435_751691.jpgf0015435_755931.jpg
f0015435_7125012.jpgf0015435_7132412.jpgf0015435_71401.jpg
f0015435_7224084.jpgf0015435_716993.jpgf0015435_717082.jpg

これらの装飾方法にもいろいろあって、
① 最初にたまご全体に色を付け、針のようなもので模様を削って、たまごの白色を利用して模様に見せるもの。
② あらかじめ、特殊な塗料でたまごに模様を書き、染め液の中でたまごをゆでると、描いた塗料の部分だけが色が入らず、模様となって残るもの。
③ 穀物などをたまごに貼り付けて、模様を作っていくもの。

写真には無いけれど、模様をくり抜いてレースのように見せるたまごもありました。
こうしてみると、なかなか美しくありませんか?
もちろん、国によって装飾法は変わっていると思います。
きっと西側諸国では、もっとキラキラと宝石など、絢爛豪華な装飾がされているでしょう。
ハンガリーは、どちらかというと素朴な感じの物が多いですね。
なんと言うか・・・自然色とでもいうのでしょうか。(笑

イースターエッグは、キリスト教を信仰する国ならば、どこでもあるもの。
もちろん、アジアでもイースターエッグはあるのです。
ということで、最後にこんなたまごもいかがでしょうか?
f0015435_7294317.jpg
ところ変われば、たまごも変わる。
中国のイースターエッグでした♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-24 23:50 | ハンガリー・Magyár
ひたすら Cooking!!
相変わらず、いいお天気で気持ちのいいBudapestです。
ピクニックに行きたくなってしまいます。

ここ数日、気分的にのんびりとしています。
昨日は教会コンサートのリハーサルをオルガンとやったり、来週から忙しくなるのでその前に片付けておくことなどをこなしたりと、体的にはテキパキなはずなのに、気持ちはのんびりです。
そんなわけで、今日は家でお料理に励んでしまいました。
練習しなくてはいけない曲は山ほどあるのに、なんで行動にでないのだろう・・・と思いながらも黙々とお料理してしまったのです。(笑)
たぶん、ギリギリになって慌てふためくこと請け合いですが・・・。
f0015435_23162139.jpg
まず一品目は、大学芋です♪
自分で作っておいてなんですが、とってもうれしい一品です。
3月の下旬に日本からの荷物に、隙間を埋めるように入っていたサツマイモ。
貴重でもったいないので使えずにいたけれど、さすがにそろそろ使わないとサツマイモがしわしわと台無しになってしまう!と、せっせと大学芋にしました♪
お惣菜屋で買う、しっとり柔らか大学芋も大好きだけれど、外がカリカリのかりんとうみたいな大学芋も大好き。
で、今回はカリカリです♪ 黒ゴマが無いので白ゴマだけど、悪くないですね。
f0015435_23245611.jpg
次は、ゴボウとひじきとホタテの和風サラダ
ドレッシングは、マヨネーズとゴマドレッシング、そしてゆず胡椒。
結構辛味を聞かせて、ねぎも散らしました。
実は昨日、お買い物に行かなかったので冷蔵庫の中にあったものは調味料の他は、このサラダに使ったネギだけ。(笑)
なので、冷凍保存してあった物や乾物など、いわゆる台所のお掃除もかねています。
f0015435_23293176.jpg
3品目は、新じゃがの韓国煮
お肉の変わりに、冷凍庫にあったベーコン。 色合いのインゲンも冷凍庫品。(笑)
新じゃがはホクホクでおいしいので、皮のついたそのまま使いました。
やっぱり、新じゃがはおいしいですね~。
韓国風というのは、ごま油と紹興酒、コチュジャンを使ったから。
作り方は普通の肉じゃがとおんなじで、雰囲気の変わったピリ辛肉じゃがです。
何か忘れてると思ったら、たまねぎ入れるの忘れた!(笑)

このほかに、杏仁豆腐と混ぜごはんを作りました。
ほんとに、練習もせずなにやってるんだろ。(笑)
でも、よく考えたら3月からここ最近まで遠出することが多くて、ゆっくりお家ごはんを作れていなかったので良かったかな。

さて、食料も確保できたので、夜まで練習するとします。
練習する気になってきたということは、ストレス発散できたってことかな??
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-22 16:09 | 料理・Ételek
教会コンサートのお知らせ
お天気は良いものの、ちょっと風が冷たいBudapestです。
今朝の朝食に、今シーズン初のイチゴを食べました。
初めてハンガリーで食べたイチゴは種のつぶつぶが主張するちょっと舌触りのよくない感じで、やっぱりイチゴは「とよのか」だよなぁ~と思っていました。
でも、今朝食べたイチゴは日本のイチゴに似ていておいしかったです♪
ハンガリーの果物も世界基準に達してきたんですかね?(笑)

さて、昨日のことです。
来週の日曜日に演奏会をする予定の教会に下見をしにいってきました。
f0015435_742923.jpg
観光客で賑わうVáci utca.(ヴァーツィ通り)にある教会です。
それほど大きくない教会だけれど、中に入ると美しい装飾に囲まれ圧倒されます。

今回は、この教会のパイプオルガンと、バロックチェロ、オーボエ、クラリネットで「バロックコンサート」と題しての演奏会です。
クラリネットにはオリジナルのバロック曲はあまり無いので、クラリネットソロ曲のバッハのオマージュや、パイプオルガンと一緒にアヴェマリアなどを演奏します。
行ってみてわかったのですが、この教会はかなりの残響があるのです。
その時間3・5~4秒。  これは、教会といえどかなりの長さですよ。
速いテンポで細かい音符を吹くと、たちまち教会内は残響の嵐でなにをやっているのかわからない・・・。うーん・・・。
私は比較的穏やかな曲を選曲していたので良かったですか、バッハのオマージュだけはテンポ設定を見直さなくてはいけないですね。
この日、教会のオルガン奏者が練習を始めるところで、少しオルガンの音も聞くことが出来ました。
とってもやさしい音色で、教会中に響きわたっていました。
生の大きなパイプオルガンの音を聞けるのも、ヨーロッパならではですよね。
今回がパイプオルガンと演奏するのは初めてなので、明後日の初合わせがとっても楽しみです♪

日曜日の午後のひととき、約1時間ほどの教会コンサートです。
Budapestにお住まいの方、ぜひ美しいパイプオルガンの響きを聴きにいらしてください。


◆ Barokk Kamara koncert ◆
2007年 4月 29日(日)  13.00時開演
Belvárosi Szent Mihály教会
(1056 Budapest, Váci utca 47/b. )
ヴァーツィ通りの、自由橋とエルジェベート橋の間に位置しています。

J.S.Bach/Z.Kocsis : Wachet auf, ruft uns die Stimme BWV465
Bach: Partita
G.Bizet : Ave Maria
Telemann: Trio
Bela Kovacs : Hommages a J.S.Bach
Albinoni:Concert 2 tétel
G.Caccini : Ave Maria


Kuwana Kazue (oboa) Toyonaga Yoshie (klarinét),
Mahadi Kousay (barokk cselló)  Tóth Rita (orgona)

チケット: 1000Ft 学生/60歳以上:500Ft
(チケットは当日会場内で入場料としてお支払いいただく形式です)


会場でお会いできるのを楽しみにいたしております♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-19 23:40 | 演奏会場・Koncert terem
ハンガリー民謡とシュトゥーサロナ
Budapestに戻ってきて、今日もハンガリー民謡の演奏会でした。
f0015435_829920.jpg
これは、昨日のコヴァーチバーガーシュ村の演奏会の様子。
この演奏会には、この村だけでなくミシュコルツ県の25の民謡合唱団も出演していました。
そして、それぞれの村がそれぞれの村の民族衣装を身にまとって歌います。
カラフルなものから、シンプルなものまで様々だったので見ていて楽しかったです。
ステージも民謡らしく(?)素朴なワラのモニュメントが、味があっていい感じでしたよ♪


さて、今回は日本ではまず食べられないであろう料理を食べました。
それは、サロナ・シュトゥーというもの。
サロナとはいわゆるベーコンの脂身の部分だけが約15cmほどあるかたまり・・・・。
それを、焼くのです・・・・かなりの脂!!!です。
f0015435_856149.jpgf0015435_856488.jpg
左の写真の奥に見える白い塊がサロナです。 
白い塊といいましたが、白い部分=脂身です・・・・・。(苦笑)

その食べ方ですが・・・。
①サロナを2~3cmほどにスライスし、脂が出やすいように切込みを入れる。
②くしに刺し焚き火であぶり、サロナの脂をだす。
③その脂をたまねぎのスライスの乗ったパンにしみ込ませる。(1枚に10分ほどかかります)
④好みで、塩と辛いパプリカを乗せて出来上がり。

・・・・・どうでしょう、この脂を食べる!というシンプルな料理。(苦笑)
日本では、まず考えられませんよね。
私も後が怖くて、あまり食べることが出来ませんでしたよ。
本当に脂の消費量がすごい国ですね。(笑)

一枚が出来上がるのに時間がかかるお料理ですが、(料理というのだろうか・・・?)その間、おしゃべりやワインを楽しんでのんびりとした食事でしたよ。
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-15 23:27 | 音楽・Zene
ハンガリーのぽすと
花粉の和らいだBudapestです。
今週に入り、果物屋の軒先には苺のパックがお買い得で並べられたり、いたるところの広場にはチューリップなどの春の花が植えられ、その横のカフェはテラス席を確実に増やしていったりと、すっかり春です。
日本では、なにやら雪が降っているところもあるようですね!(驚)

さて、まだまだつづくホッローク村のこと。
世界遺産の村で観光客もいっぱいだけれど、催し事のない普段はと~っても静かな村。
今も生活している人ももちろんいるわけで、村には病院もあればレストランなどもあります。
そして、ちゃんと村の郵便局もあるのです。
f0015435_775835.jpg
ちゃんとハンガリー国旗が掲げられ、れっきとした国家機関という証。
でも、この村らしく建物はパローツ様式で看板も木彫りでPOSTAと彫られて、なんとも可愛らしい郵便局です。
f0015435_7113336.jpg
そして、赤いポスト。
これがハンガリーのポストです。
でも、この村のポストはちょっと特別で通常はポストホルンだけの紋章が、ここにはハンガリーの王冠の紋章も一緒に付いています。
この郵便局の隣には、郵便博物館がありそこでハガキや切手を買えば、ちゃんとこのポストに投函できてホッロークーのスタンプが押されて届けられますよ♪

でも・・・・果たして何日で届くのかはいささか不安かな。(笑

訪れた記念に一通いいかもしれませんね。


さてさて明日、また国境の村に行ってきます。
3月にレコーディングしたCD(詳しくは以前の記事をみてください。)が出来上がったらしく、そのCD披露記念演奏会のためです。
今回は、村での演奏会はメンバーも小編成らしいのですが、翌日には村の合唱団がBudapestにやってきて、メンバーも大きくしての披露演奏会です。


Budapestにお住まいで、ご興味のある方は是非いらしてくださいね。

◆ Virágcsokor lemez bemutató koncert ◆
   
日時:   2007 április 15, vasárnap  17.00 óra

場所:Magyar Kereskedelmi és Vendéglátóipari Múzeum 
   1051 Bp Szent István tér 15 (St,イシュトゥバン(バジリカ)教会横)

        Program:
Epizódok a Félhold történetéből
Kicsi lovam, zempléni dallamok
Népdal egyveleg tárogatóval és klarinéttal
Hungarian Klezmer Rondo
Virágcsokor
Túl a vizen
Á-moll csárdás /arr. Balogh
(ハンガリー民謡を中心とした合唱曲、クラズマー音楽、ジプシー音楽など民族色あふれる曲が中心です。)

出演:Windlandia クラリネットオーケストラ
    Balogh József
    Kovácsvágás村民謡合唱団


はたして、あのレコーディングがどんな風に出来上がったのか、かなり興味津々です!!
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-13 23:58 | ハンガリー・Magyár
イースターごはん
相変わらず晴天で嬉しいBudapestですが、花粉が凄くて困ってしまいます。
こんなに凄いのは、はじめてかも・・・?
バックには常に2つのポケットティッシュを常備しています。(笑

f0015435_7463451.jpgf0015435_7472062.jpg
さてさて、ホッロークーでのごはん。
村に入るとすぐ左のおうちでは、かまどで昔ながらのパンを焼いていました。
一枚ずつ丁寧にかまどに入れられていきます。
作っているところを見る限り、お塩とお水だけで練られているようですね。
f0015435_7562941.jpg
焼きたてのパンにはガーリックオイルとお塩が振られています。
何かに似ているな・・・・と考えていたら・・・・
「昨日食べた、カレーに付いてきたナンにそっくり!」でした(笑)。


そして、いい感じにお昼ご飯の時間・・・。
イースター祭ということもあって、普段はとっても静かなこの村にも屋台が来ていました。
私達もさっそく、ご飯を物色しに行きました!
f0015435_83248.jpg

イースターの焼きハムと、じゃがいもとたまねぎのパプリカ炒め
f0015435_84975.jpg

牛肉のMagyaros(ハンガリー風)スパイス焼きとミックスサラダ(酢漬け)
イースターにはハムを食べる習慣があるので、私達もちょっと食べてみることに。
普段、あまりハムは食べない私なので、たまに食べると美味しいですね。
でも、これでしばらくは十分かも・・・。(苦笑)

青空の下で食べるご飯は、いつ食べても美味しいですね♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-10 23:29 | ハンガリー・Magyár
パローツ人の殿方たち
イースターマンデーの今日も、静かで気持ちのいいお天気のBudapestです。
今日はおうちでのんびりの休日でした。

さて、世界遺産の村「ホッロークー」のお話のつづき・・・・。
ホッロークーに住む人々は、パローツ人という民族。
女性の民族衣装はとても鮮やかな色が使われていますが、男性はと言うと基本色は黒色です。
そして、ポイント使いで可愛らしい刺繍があしらわれています。
f0015435_65569.jpg
このおじさん、ステージ上で民謡を一人アカペラで歌ったのですが、かなりの美声!!!
ダンスもレディーファーストが素晴らしく、かっこよかったのです。
若かれし頃は、さぞかしモテたことでしょうね~。 

f0015435_6104315.jpg
とある民家から出てきた、大家族。
カッコいいおひげのおじいちゃんを筆頭に、村の中を歩いていました。
まだヨチヨチ歩きの妹の手をしっかり握り、誘導するおにいちゃん。
腰に手をあてて(パローツ人の決めポーズ?)、堂々と写真撮影に応える男の子たち。
気落ちすることなく、みんなとってもしっかりしていてビックリです。

f0015435_616786.jpg
さてさて、イースターに大活躍するのは、彼らくらいの青年。
足元の可愛らしいバケツに注目です。
昔はイースターというと、男性は女性にバケツいっぱいの水をかけ(一応魔除け行為?)、女性はお礼にキレイに彩られたタマゴを男性にあげるのです。
それが、現代では男性は香水を女性にプレゼントする・・・と言うことに進展していったのです。

しかし!!そこは昔ながらのホッロークー村・・・・。
彼らは遊びに来ていた観光客などにめがけ、いたずらのように突如 水をかけてくるのです。
まあ、さすがにバケツ1杯ではないけれど、手のひらに乗るくらいのお水。
もちろん女性限定。

わたしも、カメラに夢中になっているところを背後から「ぴしゃ~~っ!」っとかけられました。(笑)
思っていたよりも、結構な量だったのでビックリしましたよ。

f0015435_6262777.jpg
こんなに可愛らしい赤ちゃん達も、しっかり民族衣装で着飾っていました♪

まだまだ、つづきます・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-09 22:58 | ハンガリー・Magyár
世界遺産の村へ
今日は雲ひとつない鮮やかな青空のハンガリーです。
f0015435_5193395.jpg
世界遺産の村からコンニチハ。
今週はイースター(復活祭)休みで、今週末から明日の月曜にわたって、ハンガリー中でもいろんなイベントが開かれています。
そこで、せっかくのお休みなのでちょっと足を伸ばして遊びに行ってきました♪
そこは、Budapestからバスで約2時間のところにある村 Hollókő(ホッロークー)です。
f0015435_5244024.jpg
伝統的なパローツ様式で建てられた民家が今でもキレイに残っている村で、1987年に世界遺産に登録されました。
村として世界で始めて登録された世界遺産だそうです。
f0015435_5311519.jpg
これが、そのパローツ様式で建てられた民家。
今日と明日は、村人みんなが民族衣装に身を包み、踊ったり歌ったりしながらキリストの復活をお祝いします。
子供たちの民族姿や、昔ながらのイースターの慣わしなどはこの様な時にしか見ることができません。また子供たちの可愛い事!!!
f0015435_5411557.jpg
でも、本当に愛らしかったのは、お茶目なおばあちゃんたちでした♪
奥にいる3人のおばあちゃんは、本当に優しくって可愛かったです。
f0015435_5451372.jpg
そして、おじいちゃん達は渋くてかっこいいのです。(笑

ホッロークーのお話はまだまだ続きます・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-08 22:17 | ハンガリー・Magyár
トルコな気分
今日は昨日よりもいいお天気だったBudapestです。
長いグレー色の冬がやっと明け、待ってましたとばかり街中は人で溢れています。
冬の間この人たちはどこにいたんだろう・・・?
ちょっと暖かくなると、とたんに露出度も高くなるのがハンガリー女性です。
今がそれなら夏はどうなってしまうんだろう・・・と言った感じ。(笑
f0015435_644341.jpg
街中を歩いていると、水色が鮮やかなトルコ料理レストラン&カフェを見つけました。
丁度、午後のティータイムにぴったりの時間だったので入ってみることに・・・。
店内には、トルコ人のお客が遅い昼食をとっていて聞こえてくる言葉ももちろんトルキッシュ、ちょっとエキゾチックな雰囲気がしました。
f0015435_615718.jpg
トルコと言ったら、トルコティーとトルココーヒー。
お茶が200Ft(約110円) コーヒーが250Ft(約130円)とお安い!!
そして、トルコのデザート「ライスプディング」。
ここのはとってもクリーミーでとろけるプリンのようで美味しかったです♪
普段と違ったティータイムを味わえていい感じ。
f0015435_6283079.jpg
トルコの食器も可愛らしくて、心惹かれてしまいます。
また、行って見みようっと♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-05 22:34 | レストラン・Étterem