気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
バルトークとベイクドチーズケーキと…
今日もまた冷え込んだBudapestです。
夜になると雨が降り出したり、霧が出たりとちょっとヘンな感じ。
寒くなると言われていた2月も、もう直ぐ終わり…やっぱりこのまま春に突入かな。

さて、昨日はBéla Bartókの「Kontrasztok」の演奏会でした。
そのホールの会員さんのための月一(?)の演奏会で、お客様の層は年配の方が多く、とても暖かい雰囲気の演奏会でした。
この曲は、ヴァイオリンとクラリネットとピアノのための3重奏曲。
それぞれの楽器の見せ所もあったり、ハンガリー独特の歌いまわしや、言葉遣い、民俗音楽に用いられたリズムの使い方など、楽譜に記譜された音符一つ一つの意味を考えさせられ、ハンガリーで学んできた事の全てをフル活用して演奏する「これぞMagyar!(ハンガリー)」とも言うべき作品です。
日本人である私がこの曲をどのように演奏するのかと言う事も、このハンガリーで演奏する際には必ず興味を抱かれます。
そして必ず、自国の作曲家であるBartókに敬意を表すかのように、暖かい拍手を頂けます。
さて今回も変わる事無く暖かい拍手を頂けました。
でも、もう少し時間をかけることによって、もっとこの曲を理解してもうひと回り大きな演奏が出来るようになるかな・・・。と言うのが私の感想。
悪くは無いけれど、自信を持って素晴しいとは言えない。
幸運にも、この先この曲を演奏する機会があと数回あるので、その中で答えを見つけ出していければな・・・と思います。
とある役者さんの言葉を思い出したけれど、それはまたいずれ。
私が少しの答えを見出せたときにでも書きましょう。

f0015435_5374435.jpg
さて、いつ作ったかも忘れてしまったベイクドチーズケーキです。
クッキングがストレス発散の私ですが、これも夜中に思い立って焼いた一品。
食べやすいように、カップに入れて焼いてみました。
この紙カップには「星条旗」と「自由の女神」が書かれていて、可愛くって衝動買いしてしまったものです♪
他にもかわいい柄があったから、また買っちゃおうかな。
これならプレゼントや差し入れにもいいですよね。
f0015435_5452054.jpg
今日は久しぶりにマッサージにも行けて、体もかる~い♪
ぐっすり眠れそうです。



~Tegnap Koncert~
17:00 Óbudai Társaskör (Kisterem)

■ Béla Bartók : Kontrasztok
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-22 21:03 | 音楽・Zene
Esクラリネットでボレロ
今夜はリスト音楽院でのオーケストラ演奏会でした。
f0015435_8483111.jpg
そうです、例の小さなクラリネット「Esクラリネット」の出番です!
この3本のうちどれがそのクラリネットかわかるかな・・・?

今日は、最近の演奏会の中でも最も緊張し(いい意味で)、もっとも集中力を高めた演奏だったと思います。いまでも、ちょっとドキドキ。
私の出番は演奏会の一番最後なので、前半に学生席で様子見がてら聴こうかしら…と行って見ると、廊下まで学生達はあふれ出し、立ち見も出ているくらい満員!!!(驚き!)
コンサートガイドにも載っていなかったので、この満員は予想していませんでした。
これはただ事ではない!と慌てふためき、控え室へ…。
リードの最終チェックや、ブレスの確認などできる限りの悪あがきを一人で黙々として、成功させるためならばとエキストラに来ていたテナーサックス奏者の所にいって、「どう??どう????」と詰め寄るように質問を浴びせ、本番直前まで集中力を上げていった。

結果………   今の私に出来る範囲での精一杯の演奏が出来ました!!(嬉♪)

わずか16小節のソロが終わっても、しばらく緊張が緩む事がありませんでした。
ようやく、曲の半ば辺りから気持ちも落ち着きホールの様子や、コチシュ・ゾルターンの指揮ぶりも見ることができて、残りの音楽を楽しんで吹くことが出来ました♪
後から気が付いたのですが、ホールは売り席もステージの後ろまで満席で、ステージ横にはリスト音楽院の著名どころの先生方がずらり勢ぞろい。
私の大好きなトロンボーンの先生もいらっしゃる!!(驚)
何百という人々が私の一音に耳を傾けていたと思うと、一瞬でも「きもちいぃ~♪」という感覚を持った自分を怖い物知らずだったと反省しました。(汗)吹いた後に気がついてよかったぁ。
実は、今朝のリハーサルでは思うように吹けずじまいで、少々凹んでおりました。
考えすぎて体力的にも疲れてしまい、これでは夜まで持たないと思い、気分をリフレッシュさせるためにお花を買ってみたり、眠れないくせに横になってみたり。
それもこれも結果的に良かったのだろうし、今朝のリハがあったから本番には力が出せたのかな?と今は思います。

にしても、ハンガリー人の本番にとことん強い精神力、私もほしい!!
いつも思うのですが、彼らは本番にはそれまで以上の力を発揮するのです。
リハーサルまでトンチンカンなことをしていても、本番には人を感動させるくらいの力を出す事が出来るのです。うーん、どうやったらそれを身に付けることが出来るのだろう。
こんなくらいで一杯一杯になっているようでは、先が思いやられるなぁ。
まだまだ心臓の毛の生え方が足りないようです・・・。
特に、今日のトロンボーンソロにはしびれました!!コチシュが真っ先に握手を求めに行くのもホール中が納得です。ブラボー!

明日からはまた練習と演奏の日々で落ち込む事もあるかもしれない、けれど今日の吹奏感と揺れ動いた気持ちの感覚を忘れないように、これをバネに頑張らねば。

私にチャンスを与えてくださり、リハーサルの後に落ち込んでいた私を励ましてくださった先生、GoodLuckの言葉を送ってくれた友達、本番前に質問攻めにしたにもかかわらず、落ち着いて原点を思い起こさせてくれたサックス奏者、ステージでこっそり「落ち着いて。」といってくれたドミ君、沢山の拍手をくださった観客の皆さん、終わってから嬉しい言葉をかけてくれた子達、そしてEsクラリネットちゃん。みんなに感謝です。有難うございました。

さて、明日はバルトークだ!また頑張ろう。
f0015435_1095844.jpg

左から今日の主役「Esクラリネット」「B♭クラリネット」「Aクラリネット」でした♪



~Mai Koncert~

19:30 Zeneakadémia Nagyterem (Budapest)
Kocsis Zoltán (zongora) koncertje

Debussy: Egy faun délutánja;
7 dal Kocsis Zoltán átiratában;
Marche écossaise L. 77
Dukas: Bűvészinas
Ravel: Bolero

Km.: Hajnóczy Júlia (ének), a Zeneakadémia Szimfonikus Zenekara
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-20 23:54 | 音楽・Zene
ウィーンフィル演奏会
今日はちょっと冷え込んだBudapestです。
といっても4度と氷点下に行かない気温なのでなんてことはないのですがね。

さて、土曜日の演奏会で演奏した曲ですが、「だんだんちいさくなぁ~れ!」と言う曲でした。
これは、この曲を演奏し終わるまでに「ベル→下管→上管→バレル」と、クラリネットの部品を一つずつ外して行き、最後には「マウスピース」という口に咥えて音を出す部分のみになるというものでした。
だんだん外していくので、足りない音も出てきます。
でも、そこは作曲者のすごい所で、残った出す事の出来る音だけで演奏できるような曲になっているのです。
もちろん、音程などが不安定になってそれがまた聞いている人には面白かったりします。
(練習していたら、チンドン屋?っていわれた・・・・。(苦笑)
クラリネットがどんな構造になっているのか知らない人にはとっても興味深く聞いて、見てもいただけたようです♪
この演奏会の様子(写真)はEnsemble BellのBlogで見ることが出来ます。(ハンガリー語のみ)
「Ensemble Bell Blog」
f0015435_972136.jpg
さてさて、今夜は国立コンサートホールで行われたウィーンフィルの演奏会に行って来ました♪
指揮はバレンボイム、ソリストはピアニストのラン・ランでした。
バルトークのピアノコンチェルトの後にこのお二人がアンコールで「ピアノ4手(連弾)」をしたのですが、それがとっても面白かったです。
そして、メインはブルックナーの7番で、ワーグナーテューバも大活躍です。
でも、何と言っても弦楽器の響きが本当に素晴らしかったです!!素敵!
実は私はあまりブルックナーの曲があまり好みではないのですが、今夜は弦楽器の響きを聴いているだけで飽きることなく最後まで聴き入る事が出来ました。
久しぶりに外の空気に触れられて満足・満足♪

明日は、いよいよコチシュ・ゾルターン指揮で ラベルのボレロの演奏会です。
例の小さいクラリネットちゃん頑張らなくては!です。




~ Tegnap Koncert ~
■  Ensemble BELL Mester és Tanitvány vol.II
  17:30~   Rosz studio
    
Adolf Schreiner : Immer Kleiner  a humorous fantasy
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-19 23:57 | 音楽・Zene
バラの杏仁豆腐
相変わらず不思議なお天気のBudapestです。
でも、このまま春になってくれたらそれはそれで嬉しいような・・・。

ここ最近は忙しくしている毎日ですが、やる事があるということは嬉しいですね。
これから3月中旬までは演奏会ラッシュで、それが終わると「ブダペスト春の音楽祭」が始まるので、音楽漬けの日々が送れそうです♪
想像するだけでドキドキ・ワクワク・バクバク(緊張を表してます)・モリモリ(ヤル気をあらわしています)しますが、体調管理にだけは気をつけようと思っています。

どんなに忙しくても、食べる事には執着しています。
最近のお気に入りは「ジャム」なのですが、一つはウィーンで買ったキウイジャム。
これは、ヨーグルトと一緒にもうすでに完食してしまった・・・・。また買ってこよう。
そして今は、「薔薇のジャム」(トルコ産)
口に入れたとたんに、薔薇の香りがいっぱい広がります。
クリームチーズと一緒にパンに塗ったりして食べますが、ずーっと前からやってみたかった事を早速実行。
f0015435_8102227.jpg

「薔薇の杏仁豆腐」です。
ずっと昔に、ホテルオークラの桃華林で食事したときのこと。
最後のデザートに出てきたのが杏仁豆腐でした。
ただでさえ杏仁豆腐好きなの私、一口食べたときの爽やかさとバラの華やかな香りに驚かされた事もあり、その時の記憶は今でも鮮明に覚えています。
それから、いつか作ってみたいなぁと思っていた一品なのです。

バラのジャム・・・いい感じです♪
他にも色んな花のジャムを見かけたので、そのうちGETしてみようと思います。

さて、明日はのEnsemble Bellの「先生と生徒シリーズ演奏会 vol.2」です。
私も、ちょっと変わった楽しい1曲を演奏します♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-16 22:31 | お菓子・sütemény
山の上の教会
相変わらず暖かい日が続いているBudapestです。

ある休日に、お買い物へ行きました。
その道すがら、いつも遠くから見ていて気になっていた所に足を伸ばしてみました。
f0015435_8322921.jpg
そこは「KÖ Hegy」クゥー山と言うそうです。
山の頂上にそびえる十字架がいつも目を惹きます。
岩山のようにみえるその山は、途中からは徒歩でしかいけません。
ここには、珍しい高山植物とヘビがいるようです。ヘビにはなるべくお会いしたくないけれど…。

登ってみると…小さな教会がありました。
f0015435_8402845.jpg
この教会は、1885年からこの地にあるそうで、今ある教会は2003年に建てられたばかり。
十字架の下の岩山は、下が洞窟になっています。
いくつかの道に分かれたその洞窟の中には、1888年と刻まれた壁画もあり、そこにはかつてキリスト像もしくはマリア像が置かれていたであろう窪みがありました。
f0015435_8482710.jpg
十字架から見るBudapest(ブダ側)はとてもきれいでした。
空気も街中より断然きれいだし。

ちょっとした寄り道でプチ遠足&ハイキング気分が味わえました。
ゆっくり登って降りて約1時間。
私達以外にも、ハイキングやお散歩に来た家族が2組ほどいました。
思わぬところで気分転換になって良かったです♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-12 23:23 | ブダペシュト・Budapest
鬼も走り去る日々
なんだか慌しい2月で、節分の鬼も気が付かぬまま私の前を通り過ぎたようです。
f0015435_0284911.jpg
毎日、そわそわと街中を歩いていても、ちょっと足を止めてしまう建物があります。
この建物、私が大好きな色使いの屋根と壁画。
でも、どうしても建物の隙間からほんのちょっと覗いて見えるだけで、うまく写真に納められなくていつもアギアギしています。(これも隣の屋根が入っちゃってる・・・)
とってもキレイで好きなのに・・・・。
どなたか美しく撮れる場所ご存知じゃないでしょうかね?

時間が出来たら大聖堂の屋根に登って、上から撮ってみようかしら。。。。
と思いながら、またそそくさと歩き出すのでした。

ちっちゃなEsクラちゃんとは、少しずつ距離を縮めつつある感じで、もう少し時間をかけて歩み寄ろうかな♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-10 00:25 | 日々・Napon
ボレロと餡かけ炒飯
あっという間に節分も終わってしまいましたね。
相変わらず風は強いものの、暖かいBudapestです。

なんだかココ最近どたばたしていますが、今日から今月行われるオーケストラの練習が始まりました。
といっても、私が吹くのは1曲のみ。 
でも、ラベルのボレロという緊張の塊のような曲。
最初から一定のリズムが刻まれ、数々の楽器がソロをリレーしていく曲です。
今回は "Esクラリネット"という小さくて可愛らしいクラリネットを吹くのですが、この楽器のソロが来るのは・・・フルート→クラリネット→ファゴット→Esクラリネット と言う順番で4番目。
順番が来るまで、前の人のソロを聞きながら待っているのですが、一定に刻まれたリズムがまるで私の心拍数のようにジリジリと迫ってきて、「もうすぐ順番だ~」と言う頃には、私の心臓は爆発しそうなのです。
心拍数のようなリズムというか、時限爆弾に取り付けられた時計の針の音のような心境ですよ。(笑
まだ慣れない楽器だと言う事もあってか、まだ自信もなく音を出す瞬間まで、かなりの高レベルで緊張しました~。(汗)こんなの久しぶり・・・。
これでは、本番が思いやられる・・・・。
Esクラリネットちゃんと仲良くなるには、もう少し時間が掛かりそうです。 がんばろ!

さて、音楽同様に食生活も充実しております。(いつもだけど。)
家では野菜中心のおかずを作ったり、外では久々に韓国焼き肉を満喫しておりました♪
みんなでジュージューはやっぱり楽しいですね。
お家ごはんでは、お昼ごはんに炒飯がマイブームです。
f0015435_7274344.jpg
これは、少し前に作った 餡かけチャーハン♪
2つの味が楽しめて(餡をかけたのとかけないのと)なかなかいい感じ。

2月はいつもより日数が少ないんだったと先ほど気付き、練習予定などを確認してちょっと焦り気味になったので、今日はこれまで。



「一枚のハンガリー」随時更新します。


Go to Ranking!!
    にほんブログ村 クラシックブログへ 
↑こちら、海外(ヨーロッパ)ランキングにぷち挑戦中!ぽちぽち押してください☆
[PR]
by klarinette_hu | 2007-02-05 23:00 | 料理・Ételek