気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
参鶏湯
最近の旅疲れと、時差ぼけと、どうやら風邪菌が体内に潜伏しているらしく、
ちょっとお疲れモードの今日この頃。
何か、勢力をつけねばと考えていたところ、アラジンのごはん日誌2での、ここ最近の韓国料理の書き込みと、
世界アチコチで丼飯たべて本当にすいませんのいかすいさん、スポンジさんの漢方鶏汁を見てひらめきました。
今夜は、参鶏湯・サムゲタンです!
f0015435_5495451.jpg
作るの?!と思った方すいません…レトルトです…。
疲れているときにですよ、参鶏湯作るのとっても大変なんですよね。
そこで先日、大久保・職安通り界隈に行った際に、風邪の時などの非常用にと韓国食材スーパーで買ってきていたのです。(帰ってきて1週間もたってないのに、もう登場ですが…)
鶏が丸々一匹入っていて、中には栗・ナツメ・朝鮮人参・にんにく・もち米などなどしっかりした食材が入っています。
薄味なので、自分の好みの塩加減を調整して、ゴマやネギなどこちらもお好みで。
f0015435_5572940.jpg
レトルトのよいところというか、味がしみこんでいて柔らかくなっているので、とても食べやすかったです。
800g入りで1人分と書いてありましたが、ちょっと全部食べるのはきついので、明日の朝ごはんにでも…。
韓国料理が大好きな私は、帰ると必ず職安通りあたりの韓国料理屋に行きます。
今回も…
f0015435_634475.jpg
やっぱり行ってきました。
今回行ったのは、韓国伝統民族食堂烏鵲橋・オザッキョです。
ここは、ボリューム満点なので、大人数でワイワイ行くと色んな物が食べれて楽しいです。
焼肉はもちろん、各種チゲや焼き物、一品料理など何でも揃っています。
チヂミかカリカリ・モチモチでお勧めですよ!
今回は、焼肉でした。
f0015435_644574.jpg

このお店はちょっとした路地に入ったところにあるのですが、2件隣の宋家ガムジャタン専門店もオススメです!
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-31 22:37 | 料理・Ételek
Benczur Haz ベンツール・ハーズ
今日の演奏会は、夏に参加したミュージックサマーアカデミーCrescendoが企画した演奏会でした。
f0015435_1032165.jpg

このサマーセミナーには、音楽をはじめ美術や演劇、自己啓発コースなど様々なコースがあり、期間中には優勝者がオーケストラとコンチェルトが競演できるピアノコンクールなども開催されました。
このサマーセミナーの、終了コンサートにあたる演奏会は、ハンガリーの音楽フェスティバルの一つである、ゼンプレーニ音楽祭のプログラムにも組み込まれており、私もブラームスのクラリネットクインテットや、グリンカのトリオなどをいろんな国から来た演奏家(私の場合はカナダ・ルーマニア・ドイツ・ハンガリー・日本からの参加者でした)と一緒に演奏させていただき、とても有意義な夏を送る事ができました。
今回はその参加者の中から、ハンガリーに住む音楽家を中心にガラコンサートを開くということで、お声をかけていただきました。
"Benczúr Ház"ベンツール・ハーズの 菖蒲のステンドガラスが印象的な階段を上がって、会場となる装飾の間は2階部分にあります。f0015435_1034963.jpg

f0015435_10343885.jpg
装飾の間というだけあって、シャンデリアが美しいです。
リハーサル中の模様ですが、今回は録音なども入っていてスタジオのミキシング技術者さんも来ていました。
実はこのホールでの演奏は初めてだったのですが、つい最近新しいピアノ"スタインウェイ"が入ったと言うことで、身近では話題になっていたホールでした。
私は、ピアニストではないのでそこまで細かく言うことはできないのですが、ピアニストの皆さんはちょっと苦戦していたようです。
今回が演奏会で使用されるのは初めてということでしたが、調整があまり上手くされていないようでした。
調整さえすれば、もう少し改善されると思うのですがね。
そして、ホールの響きですが…ちょっとデットすぎて、演奏していて苦しい(苦笑
まるで、響きを吸収してしまうスタジオで吹いているかのようでした。

なんて、うだうだ言ってないでいつでもその置かれた環境の中で最善を尽くした演奏をしなければいけませんよね。
今回は、とても耳障りのいいメロディーを奏でるソナタで、観客の方にもなかなか好評だったため、曲に助けられたと言っても過言ではありません。
改めて、作曲家に感謝です。

本日の詳しい内容はこちらをどうぞ。

~ Mai Koncert ~

■ A Crescend con Spirito Mueszeti Akademia
tanarainaku es novendekeinek Koncertje
19:30~ "Benczúr Ház"

Lyons : Sonata ~ⅠⅢ Ⅳ~ (Kla. Zongora)
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-30 23:17 | 演奏会場・Koncert terem
Koncert
今日はEnsemble BELLの第一回演奏会がありました。
Budapestを中心に活動するハンガリー人と日本人演奏家による、演奏団体を結成し、そのお披露目公演でもありました。
メンバーを中心に様々な形態に変化して、室内楽を中心に演奏活動を広げていく予定です。
日本の音楽なども紹介できる場になるといいですね。
今日の詳しい内容はこちらです。
f0015435_7581551.jpg
外国にいると、日本のよさを改めて実感することが多々あります。
日本の紙も文化もその一つ。
今回、ちょっとしたお礼やお土産の品用にと、小物を買いに銀座 鳩居堂へ行きました。
このような鮮やかな色合いと模様は、他の国では見られない貴重な文化。
日本にいるときには、それほど気に止めなかったのに、最近はこれらの小物がとても愛しいと感じます。
そして、日本人の手先の器用さからまた別の文化と伝統芸術が受け継がれています。
f0015435_8111123.jpg
桃の節句用の和紙でできたすだれ。

都会の一角に生き続ける伝統文化がここにある。

~ Mai Koncert ~

■ Ensemble BELL the First Concert 16:00~ "a Régi Zeneakadémia Kamaraterem"
Beethoven : Zongora ötös 1.tétel ( Ob.Kla.Fg.Cor.Zongora)
Lyons : Sonata (Kla. Zongora)
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-29 23:33 | 音楽・Zene
時差ぼけな日々
今日は予定されてたリハーサルが無くなり、一日空き日になりました。
日本での5日間はスケジュールがびっしりで、時差ぼけとか言ってられずに動き回っていました。
睡眠時間も少なかったため、昨日の飛行機の中では、食事とトイレ以外はずっと寝っぱなしでした。
普段は、必ず映画を数本見て軽食コーナーにおやつも取りに行くのに、それも忘れて…。
そのせいか、変な時差ぼけになってしまったのです。
常に眠たい。。。
というわけで、用事も無くなったことだし、本日はずっとだらだらして過ごしました.
f0015435_7143111.jpg
こちらは、お友達とランチした和食善の前菜です。
行ったのは新宿マイシティー内のMYCTIY SHINJUKU
夜は、大皿料理などもでるようですが、お昼はこんな可愛い一口善の前菜がつきました。
友達と写真を見て、すぐにここに入ることに決めたのです。
女の人って、少しずづ色んな物を味わいたいんですよね。
この日は、ネギ豆腐・なすの煮びたし・数の子・厚焼き玉子・かぶのお漬物・鴨肉・くりきんとん でした。
f0015435_7203056.jpg
そして、この日のメインです。
私は"和牛ステーキ野菜のきんぴらのせ"です。
少し奥に見える、友人が頼んだ物は"ぶり大根"です。
これに、それぞれ"鯛のカルパッチョ風"とごはん、おみそしる、お漬物、デザート、ドリンクがつきました。
ハンガリーではおいしい牛肉を食べることがむずかしいので、選べる品の中から即決です。
おいしぃ~~やっぱり、やわらかくて!
そして、なんといってもご飯が違いますね。 もちもちふっくら。
とっても満足なランチになりました!ご馳走様でした。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-28 23:09 | 日本・Japán
無事帰国です。
今日、無事Budapestに戻ってきました。
出発した21日は、日本で大雪でした。
到着日の22日は晴天ですがすがしい空でしたが、前日の雪の影響はまだ続いており、
成田空港も例外ではありませんでした。
順調に日本まで行ったのですが、成田空港からの着陸許可が出ないと言うことで、盛岡上空を約1時間ほど旋回して着陸許可の順番を待つことに…。
いざ、成田空港に着陸すると今度はゲートが無いため、滑走路内でまた1時間以上順番を待つことに…。
どうやら午前中の便で欠航や遅れがあリ、その影響だったようです。
しかし、上空で待機している飛行機を優先的に着陸させると、離陸のためのスペース確保が難しいなど、悪循環なことになり、空港内に飛行機の大行列ができていました。

何はともあれ、順番が来て外に出てみると意外にも館内は混雑しているようではなく、スムーズに都内に出ることができました。

そんなこんなで、友人達の集まりに遅れて参加することになりました。
この日は、私のリクエストもあり海鮮居酒屋へ!!
f0015435_1442211.jpg
お刺身盛り合わせに始まり、蟹チャーハン、アサリの酒蒸しや焼鳥(海鮮じゃないけど(笑) 揚げ出し豆腐、などなど、たくさ~ん日本を初日から満喫♪

もって帰ったお土産も渡して、初日から楽しいひと時でした。

明日にでも、他の日の写真などもUPしたいとおもいます。
また、今日から気まぐれMagyarにお付き合いくださいませ。  Yuti
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-27 23:33 | 日本・Japán
いやはや。。。
みなさま、こんばんは。
日本帰国中はUPも出来ずにすいません、遊びに来てくださった方申し訳ないです。
日本に到着してから なんとPCにウィルスが入ってしまい、更新ができませんでした。
本日ハンガリーに向けて出発します。
ハンガリーについたら、日本の写真UPします!!!
コメントしてくださった方、もう少しお返事待ってくださいね。
では!! とびま~す!
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-26 02:23 | 日々・Napon
ハンガリーのお土産
今日から、5泊7日 日本の旅に出ます。
一時帰国が決まったのは12月に入ってからで、予定も入っていたため慌しい日程になりそうです。
で、今この記事を書いている現在(ハンガリー時間の朝5時半)、時差ぼけ対策のため徹夜です。
というか、昨夜の演奏会後は打ち上げもあり帰宅したのは12時過ぎで、そこからパッキング開始したため、うだうだとこの時間に…。
せっかくなので、数日前から買いだめしたお土産の一部をご紹介します。
f0015435_13445324.jpg
ハンガリーワインです。
右から"Szakszerdi Vicarius 2003" セクサルディのヴィカリウス 2003 
こちらは今年、ハンガリー国内のワインコンクールの一つBayerで1等賞を取ったワイン。
辛口で、すぐに飲むのに良いワインだけど少し癖があって、好き嫌いは分かれるそうです。
真ん中のワインは"Villányi BOCK 2003" ヴィッラーニ ボク 2003
ヴィッラーニ地方の Bockさんが作ったワイン。
今まで、数多くの賞をとったBockさん、安定した味わいに定評があります。
そして、左の透明な瓶は、ハンガリーの蒸留酒 パーリンカ です。 これはアルコール44%のもの。
洋ナシ・アプリコット・プルーンなど、いろいろな味がありますが、これはそれらをミックスしたものです。 パリンカおいしいんですよね。
f0015435_13502657.jpg
ハンガリーはフォアグラの名産地。
市場に行けば新鮮な生のフォアグラが手に入ります。
お土産用にはこの缶詰が便利です。
食通の方に評判で帰る度に頼まれて、もって帰ります。
大きな缶は100%ナチュラルやピューレ状・ブロック状、そして黒トリュフ入りなどがあります。
ばら撒き用はペーストのはいった小さい缶65g入りです。 一個170円くらいかな。
でも、フォアグラですから!立派なお土産になるのです。
f0015435_13545047.jpg
そして、私のお勧めはこれ!
ありきたりのお土産ではなく、ちょっと通な人も珍しがるおみやげ。
これ、チョコレートボンボンなんですけどね、中身はハンガリーの名品である、貴腐ワインの"Tokaji Aszu"トカイ アスーのボンボンなのです。
老舗ケーキやの"Gergeaud"ジェルボーの物。
Tokajiのブドウ畑の一つ"Korona"コロナで採れ作った アスーを使って、ジェルボーのパティシエ総長である"Sandor Kobacs"シャンドール・コヴァーチ氏がレシピを考えました。
これを見た瞬間、衝動が止まらず自分用に買いました。
2個入りと4個入りの箱しかないのですが、食べて納得しました…これは良く味わって、いくつも食べる物ではないと。
私はそこまでボンボンは好きではないのですが、これにはびっくりしました。笑顔が消えません、食べ終わった後も。
ほんと、お知り合いにBudapestにいらっしゃる方がいたら、お願いする価値ありです。
ワイン通も旅行通も唸らせる一品です。

それでは、そろそろ出発の時間です。
日本からも更新ができたらなぁと思ってはいますが、何せ5日しかないので忙しくてできるかどうか…。
でも、写真だけは撮ってくるので帰ったらUPします!!
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-21 05:44 | ハンガリー・Magyár
"Nádor terem" ニューイヤーコンサート
今夜は、ニューイヤーコンサートがありました。
室内楽が中心で、ハンガリーで音楽を学んでいる日本人とハンガリー人がアンサンブルを組むなどして出演しました。
日本の歌やハンガリーの歌があったりと、賑やかなプログラムでした。
f0015435_1042136.jpg
会場となるホールがあるのは、とある聾学校の中。
ステンドガラスのとても美しい学校です。
f0015435_1053794.jpg
建物のエントランスです。
壁に書かれた壁画はハンガリーの絵柄で独特な色合いを醸し出しています。
この学校は寄宿制なので、玄関には常に守衛さんがいて、演奏会時間意外はベルを鳴らすと鍵を開けて入れてくれます。
f0015435_1094191.jpg
ホールは2階部分にあります。
入り口には、過去演奏してきた音楽家の写真やポスターが飾られています。
f0015435_10112272.jpg
こちらが、本日の会場となった"Nádor terem"ナードル・テレムです。
こじんまりとしていますが、とても雰囲気のあるホールで、やはりここにもハンガリーの絵柄が書かれていてそれが何とも暖かい感じでした。
またここで演奏してみたいと思うホールでした。

本日の詳しい内容はこちらをどうぞ。

~ Mai Koncert ~

■ Új Évi Kamara Koncert 2006 19:00~ "Mádor terem"
    Beethoven : Zongora ötös 1.tétel ( Ob.Kla.Fg.Cor.Zongora)
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-20 09:52 | 演奏会場・Koncert terem
西駅とGyörös ~Budapest~
お土産を求めて、あちらこちらと行っているうちに日は落ち始めていました。
冬の間は日がとても短く、午後4時を過ぎると辺りはすっかり暗くなるのです。
f0015435_323267.jpg

Budapestの主要駅の一つ"Nyugati pu."西駅はハンガリー北西、南東方面の国内線と、スロバキア方面などの一部の国際線が発着する大きな駅。
ガラス張りがとても印象的で、エッフェル塔を作った会社がこの駅も建設したそうです。
シシーの愛称で知られる王妃エルジェベートが、フランツ・ヨーゼフ公と馬車に乗り駅に向かう一枚の写真が残っていますが、その頃とまったく趣は変わっていません。
変わっていると言えば…、横に隣接する絢爛豪華な国営レストランがあった場所には、世界が誇るマクドナルドが入っています。
「世界一豪華なマクドナルド」と言うキャッチフレーズがついているほど、とてもマックとは思えません。
話のネタに、Budapestを訪れた方は是非お立ち寄りください。
帰宅ラッシュだったこの時間、目の前の路面電車の停留所には次々と電車が発着していました。
マイナスの気温の中、あまり待たなくていいのは嬉しいことです。

f0015435_3453963.jpg
そして、本日の食事は"Györös"ギョロシュ。 ケバブともいいますね。
いわゆるジャンクフードです。
薄切りにしたお肉を串に刺して固まりにし、くるくる回しながら火であぶり焼きにして焼けた表面から削ぎ切りに切り落としていくのです。
鶏、牛、羊などの種類があります。
もとはトルコだったが、ギリシャだったかどちらでしたかね?
具をピタパンなどに挟んでサンドイッチ風に食べる方法もありますが、私はこのお皿形式で食べるのが好きです。
サラダもいっぱい食べれて、大好きなフライドポテトもついてくるから、バランスがよい食事ができると私は思い込んでいるのですがね。
ヨーグルトと、チリのソースがおいしい・・・・。
確か渋谷辺りで、移動式の車のお店で”ケバブ”という名前で外人さんが売っているのを見かけた事がありました。
もし、食べてみたい方は探してみてはいかがですか?
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-19 19:20 | ブダペシュト・Budapest
山芋のふわふわお焼き
近々、家を留守にする予定なので、本日から冷蔵庫のお掃除です。
いろいろ漁っていると、お正月の嬉しい残りの山芋を発見!
とろろそばにしたり、山芋ご飯にしたりと楽しませてくれました。
こんな貴重な食材を無駄にはできません。

まずは、無駄にならないようにスリスリ・・・・・。
こちらも残り物のネギをみじん切りにしてまぜまぜ・・・・。
チヂミの残りの干し桜海老を投入し、お塩とお醤油を少々。
フライパンにごま油を熱し、お焼きサイズになるようにトロロを流しいれて…
両面こんがりきつね色になるように じゅ~~~~と焼いて、出来上がり!
f0015435_236186.jpg

お好みで、酢醤油で食べてもおいしいです。
ふわふわとカリカリが相まって、美味しいおつまみにもなるおかずです。
お試しあれ・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-18 18:26 | 料理・Ételek