気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ブダペシュト・Budapest( 45 )
リスト音楽院ホール~Budapest~
今日も良く冷え込む一日でした。
昨夜は夜更けまで韓国パーティーだったので、遅めの行動開始。
午後から学校に行って、事務的なことなど細かい用事を済ませました。
学校に行くとついつい飲んでしまうのが、ビュッフェのコーヒー。
授業の合間におしゃべりしたり、待ち合わせには欠かせません。
日本では、そんなにコーヒーなんて飲まなかったのにこちらに来てからよく飲むようになりました。
エスプレッソにカプチーノなどなど…おいしいんですよね!
f0015435_7242640.jpg


~ Fhoto:リスト音楽院大ホール1Fロビー前の壁画 ~
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-16 23:18 | ブダペシュト・Budapest
市場でお買い物~豚の脂~
今日は、休日前のお買い物に行ってきました。
f0015435_536552.jpg


その訳は…
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-14 21:30 | ブダペシュト・Budapest
王宮の兵士~Budapest~
f0015435_694572.jpg
王宮の「漁夫の砦」から見るBudapestの夜景は美しい。
もちろん、昼間だって美しい。
その砦を目当てに歩いてしまうから見逃しやすいけれど、そこに繫がる階段の両脇には数百年も前から王宮を守っている兵士が佇んでいる。

幾度もの戦と困難を乗り越えたBudapestを 彼らは何を思って見守ってきたのだろう。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-13 22:07 | ブダペシュト・Budapest
市場のクリスマス
昨日と打って変わって朝から晴天。
これはお買い物に行かなくてはとそそくさと支度をする。
土曜日なので4時まで市場は開いているはずだけれど、早く閉まってしまうお店や品物が無くなる事もあるので午前中に出発。
昨日からの強風はまだ続くようで、あたる風が冷たい…そして寒い…・。
通り道にあるクリスマス市のホットワインを横目に2番"Villamos"路面電車へ…。
飲んだからといって何も変わらないのだけれど、朝っぱらから飲むのは悪い事をしているようでちょっと気が引けたのです。

市場もクリスマス色になっていました。
f0015435_3471731.jpg

キレイに飾りつけられた風景はなんかいつもと違って違和感があったけど、これはこれでかわいい。 
お肉屋さんと魚屋さんも…
f0015435_7445180.jpgf0015435_7442218.jpg

左の魚屋さんは地下にあるのだけれど、私はここがちょっと苦手…。
魚屋・サワークラフト・中華食材・スーパーなどのお店が地下にあるのだけれど、それらの匂いが混ざってなんとも。。。。臭い。
魚屋といっても日本みたいに新鮮な海の幸が並ぶわけではなく、"Pisztráng"鱒・"fogas"川スズキ・"Ponty"鯉・なまずetc.と言った川魚や淡水魚がほとんどなのでこれまた更に臭い。
普段は写真のようにはお客さんは居ないのですが(いつも暇そうにおじちゃんたちが声をかけてくる)、クリスマス・イヴには魚を食べるという風習があるため、買出し客で賑っています。
水槽の中も賑っています…身動き取れない鯉達で。ちょっとあまりの気持ち悪さに写真を撮る気がしなかったです。
今日の目当ては、中華食材屋でごま油とスパイス類をGETなので、こちらも横目で見ながら通り過ぎ。…写真撮ってるけど。

この市場は屋根がモザイク瓦で出来ていて建築物としても歴史的なもの。
ウィーンのシュテファン寺院の建築様式と同じ様式で作られているのです。
どおりで、屋根が似ているワケです。
f0015435_4264172.jpg

[PR]
by klarinette_hu | 2005-12-17 17:37 | ブダペシュト・Budapest
聖イシュトゥヴァーン大聖堂
もうすぐクリスマスという事で、"Szt.István-bazilika"聖イシュトゥヴァーン大聖堂へ。
この教会は、通称"Bazilika"バジリカ!と市民に呼ばれています。
f0015435_59137.jpg

夏場はひんやりしていて、疲れたときにふらりと立ち寄りぼーっとするには持って来いですが、さすがにこのシーズンは寒いですね…。
この主宰壇の真ん中に白く光っていらっしゃるのが、教会の名前にもなっている聖人イシュトゥヴァーン。
イシュトゥヴァーンは初代ハンガリー国王でもあり、実在の人物。その証拠に(?)大聖堂の後ろの部屋には彼の右手のミイラが展示されています。
大聖堂と言うくらいですから、大きいのです。収容人数8,500人だそうです。
真ん中のドーム部分は直径22m高さ96m。そのスケール満点の天井がこれ。
f0015435_526692.jpg

はい、真ん中にイシュトゥバーンいらっしゃいますね(笑)
建築に50年掛かったそうですが、2003年に中の修復作業(主に金箔の張替え)が終了しました。知り合いのお父様がそれに携わってらしたそうですが、その年月やなんと14年!
修復が終了した年のクリスマスイブ・ミサは、ここからハンガリー国内にTV中継されました。
私はその時教会内にいたのですが、照明とクリスマスのシンプルな装飾が相まって、それはそれは幻想的でした。 そして、その幻想にさらに拍車を掛けたのがパイプオルガンの音色でした。
f0015435_5361024.jpg

「きよしこの夜」を一つとっても、グレゴリオ的な和音使いと音色がなんとも神秘的に感じさせるのです。 これまで日本でクリスマスに関る曲をきいても、「きれい」「可愛らしい」といった感想は持っても、あの夜のような不思議な感情を持ったことがありませんでした。
専属のパイプオルガニストがいらっしゃるそうで、機会があればお話してみたいですね。

クリスマスに向けて「死者への慰め」のろうそくを…。
f0015435_550319.jpg

[PR]
by klarinette_hu | 2005-12-14 21:00 | ブダペシュト・Budapest