気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:料理・Ételek( 55 )
伊勢海老のスープ
今日はお掃除の日でした。
この家の大家との契約で 約1ヶ月に1度お掃除屋さんが入ることになっています。
この建物の家の多くが彼に頼んでいて、みんな顔見知りです。
この国には、業者ではなく個人でお掃除屋"カタリートフィーユ(ネーニ)"と職業として働く人達がいます。
信頼関係から出来る仕事だと思います。

だからといって、私が掃除が出来ないと言うからではなく、そこはさすがプロでまったく仕上がりが違うのです。
重いソファーを始め絨毯などもまくって、隅々まで磨き上げてくれます。
ヨーロッパの天井はとても高いので、電球一つ変えるのも大変、カーテンの取り付けも大変。
そんな時彼はいやな顔一つせず優しく手伝ってくれるのでとても嬉しいです。
今日なんて、加湿器が壊れたっていったら治してくれました(嬉)
彼の人柄もあって、彼のスケジュール帳には数ヵ月後までお掃除の予約でいつもびっしりです。

さて、有り難い事に頂き物がときたまある私ですが、随分前に頂いていた缶詰が一つ。
f0015435_485820.jpg
三重県の志摩観光ホテルの「伊勢海老のクリームスープ」
缶詰だから、いつものように温めるだけでいいか!と思ったら裏に召し上がり方とありました。

スープを鍋に移し温めてから、ホイップした生クリームを大さじ1杯ほど浮かべ、
器ごとオーブンで焦げ目が付くまで焼いてお召し上がりください。

と…。  
缶詰でしょ?!缶詰ごときに???と思ったけれど封を開けて香りをかいで見ると…びっくり?!
というわけで、頑張っちゃいました。美味しい物を更に美味しくいただくために。
f0015435_417177.jpg
伊勢海老のコクと香りが濃厚で久々にエビを堪能できました。
手間隙かけるだけの事はある。
他にもあわびのスープも頂いたので食べるのが楽しみです。
インターネットで取り寄せ出来るみたいなので気になる方はこちらをどうぞ。
いやぁ・・・食べる前にこれ見なくて良かったです、結構なお値段なので今びっくりしました(汗)
もうちょっと高級なものだと構えて食べとくべきだったかな…。
でも、試してみる価値ありですよ!

レタスとトマトの洋風おでんと一緒に頂きました。
ご馳走様でした。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-02-13 20:48 | 料理・Ételek
雪ちゃんのこうじみそ
f0015435_6155565.jpg
北陸生まれの私は、小さい時からこの雪ちゃんのお味噌。
京都の白味噌も名古屋の赤味噌も大好きだけれど、やっぱり落ち着くのは麹のミックス味噌。
しかも、この「日本海の 雪ちゃんのこうじ味噌」が落ち着く。
このお味噌、富山で作られているんだけれど日本海みそと言うくらいだから、北陸3県には広まってるのだと思う。
みんなは、このお味噌知ってるのかな?
そして、なぜか冬になるとこのパッケージの雪ちゃんが実写版となったCMが流れてた。
「♪雪ちゃんの香りは こうじみそぉ~♪」っていうテーマソングと一緒にね。

そして今、雪ちゃんは冬のBudapestでも大活躍してくれてるよ。
f0015435_6161754.jpg
やっぱり、お味噌汁はお家の味が落ち着きますね。
日本の雪ちゃんお味噌汁とハンガリーのブラショイ(豚肉と揚げじゃがいものハンガリー風味煮)がコラボレーションご飯。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-02-10 22:12 | 料理・Ételek
野菜スープ
日本から帰ってきてから、なんだか胃がうまく働いてくれない…。
うーん・・・暴飲暴食が祟ったかな・・・。
風邪菌を持ちながらちょっと無理したからかな…。
と考えながらも、空腹にはなる。
消化に良いものをと、野菜ポタージュを作ってみました。
暖かくても、冷たくても優しく体に入っていきます。
新鮮な野菜の他に野菜ジュースを使って摂取できる野菜の量を増やしてみました。
f0015435_1893139.jpg
あれこれ食べたい想いはあるのに… 胃よ頑張っておくれよ。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-02-04 22:04 | 料理・Ételek
参鶏湯
最近の旅疲れと、時差ぼけと、どうやら風邪菌が体内に潜伏しているらしく、
ちょっとお疲れモードの今日この頃。
何か、勢力をつけねばと考えていたところ、アラジンのごはん日誌2での、ここ最近の韓国料理の書き込みと、
世界アチコチで丼飯たべて本当にすいませんのいかすいさん、スポンジさんの漢方鶏汁を見てひらめきました。
今夜は、参鶏湯・サムゲタンです!
f0015435_5495451.jpg
作るの?!と思った方すいません…レトルトです…。
疲れているときにですよ、参鶏湯作るのとっても大変なんですよね。
そこで先日、大久保・職安通り界隈に行った際に、風邪の時などの非常用にと韓国食材スーパーで買ってきていたのです。(帰ってきて1週間もたってないのに、もう登場ですが…)
鶏が丸々一匹入っていて、中には栗・ナツメ・朝鮮人参・にんにく・もち米などなどしっかりした食材が入っています。
薄味なので、自分の好みの塩加減を調整して、ゴマやネギなどこちらもお好みで。
f0015435_5572940.jpg
レトルトのよいところというか、味がしみこんでいて柔らかくなっているので、とても食べやすかったです。
800g入りで1人分と書いてありましたが、ちょっと全部食べるのはきついので、明日の朝ごはんにでも…。
韓国料理が大好きな私は、帰ると必ず職安通りあたりの韓国料理屋に行きます。
今回も…
f0015435_634475.jpg
やっぱり行ってきました。
今回行ったのは、韓国伝統民族食堂烏鵲橋・オザッキョです。
ここは、ボリューム満点なので、大人数でワイワイ行くと色んな物が食べれて楽しいです。
焼肉はもちろん、各種チゲや焼き物、一品料理など何でも揃っています。
チヂミかカリカリ・モチモチでお勧めですよ!
今回は、焼肉でした。
f0015435_644574.jpg

このお店はちょっとした路地に入ったところにあるのですが、2件隣の宋家ガムジャタン専門店もオススメです!
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-31 22:37 | 料理・Ételek
山芋のふわふわお焼き
近々、家を留守にする予定なので、本日から冷蔵庫のお掃除です。
いろいろ漁っていると、お正月の嬉しい残りの山芋を発見!
とろろそばにしたり、山芋ご飯にしたりと楽しませてくれました。
こんな貴重な食材を無駄にはできません。

まずは、無駄にならないようにスリスリ・・・・・。
こちらも残り物のネギをみじん切りにしてまぜまぜ・・・・。
チヂミの残りの干し桜海老を投入し、お塩とお醤油を少々。
フライパンにごま油を熱し、お焼きサイズになるようにトロロを流しいれて…
両面こんがりきつね色になるように じゅ~~~~と焼いて、出来上がり!
f0015435_236186.jpg

お好みで、酢醤油で食べてもおいしいです。
ふわふわとカリカリが相まって、美味しいおつまみにもなるおかずです。
お試しあれ・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-18 18:26 | 料理・Ételek
韓国料理パーティー
f0015435_116428.jpg
今夜は、我が家でちょっとしたパーティーがありました。
ピアニストでもあるお友達の演奏会があり、その打ち上げも兼ねての夕食会。
彼は先日韓国から帰ってきたばかりで、キムチやチヂミの粉、ゴマの葉などを持ち帰ってくれだので、それを使って今夜のメニューは韓国料理です。
最初の写真はビビンパ。 もやし、にんじん、ほうれん草、しいたけ、パプリカ、ワカメでそれぞれナムル(お塩とごま油を基準に、砂糖や唐辛子などでそれぞれ味のインパクトを作りました。)を作り、肉味噌と半熟卵、味の決め手のコシュジャンをたっぷり混ぜて食べました。

他のメニューは…
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-15 23:05 | 料理・Ételek
"Marhahús leves" 牛肉のスープ
こちらのスープで私が一番好きなスープです。
シンプルでいて、味わい深く飽きの来ないスープ。
大抵のレストランではスープ欄の最初の方に書かれています。

日本ではあまり見かけない野菜を使って、ちょっと本格的に作ってみました。
といっても、とっても簡単なんですけどね。
f0015435_4135627.jpg
ニンニク、玉ねぎ、生姜、トマト、人参はおなじみの野菜です。
ニンニクの後ろにあるのは、セロリの根っこです。日本では茎と葉の部分を食しますが、こちらではスープ用香味野菜として、この部分のほうが多く売られています。
根の方が香りが強く煮込み用ですが、日本では代わりに普通のセロリを代用できます。
その後ろには、西洋ネギです。日本の白ネギ部分を太くした感じですかね。
その後ろが白人参です。日本では見かけませんね。
主に、これらの野菜がスープセットとしてスーパーでパックにされ売られています。
日本人のお味噌汁の感覚で、スープはこちらの人にとって欠かせない物なのでしょうね。
その他、手前の缶詰はトマトのピューレをもっと凝縮した物で、ソースを作る時にも使われます。
一番後ろの袋は、卵で作られたパスタです。
とっても細く、このスープにこれを入れるのが私は好きです。
イタリアのパスタと共に、この卵パスタはとても食されていて、スーパーにはいろんな種類の物がずらりと並べられています。

人参をざくざくと切り、そのほかの野菜は皮を剥いて丸のままで、牛肉の塊(ロースのようなお肉部分とスープだし用の骨部分)も丸のままと、トマトピューレ小さじ1、にんにく2かけ、粒胡椒小さじ1、塩大さじ2、白ワインと水などを入れて後は長時間コトコトと煮込むだけです。 
圧力鍋があると早いですね!
実際食べるのはお肉と人参類で、パスタも別茹でして用意しておきます。
こんな感じで盛り付けて、出来上がりです!
f0015435_4385933.jpg
このスープ透明度が高いほど素晴しいとされているらしいです。
味は良かったけど、まだ濁ってるな… 修行がたりませんね(笑
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-10 20:07 | 料理・Ételek
甘いオイル
ヨーロッパに来て気になりだした物の一つにオイルがあります。
サラダオイル一つとっても、ひまわりやグレープ、オリーブなどなどいろいろあります。
オリーブオイルにもランクが色々あるのはお料理好きの方ならご存知でしょう。
日本にもオリーブオイルの量り売りをするお店も出てきたようですね。
イタリアに行った際には、オリーブオイルとバルサミコ酢・パルミジャーノレッジャーノチーズ・色んな種類の生ハムといった「サラダ4点セット」を購入するのが定番になっています。

そして、ドイツ方面のオイルとして私が好きなのは"Kürbiskern Öl" カボチャの種のオイルです。
黒いオイルのその味は、ほんのり甘くコクがあります。
バルサミコと合わせると、バルサミコの甘さとかぼちゃの甘さが重なりとても美味しいのです。
最近はハンガリーのスーパーでも大手メーカーの物が売られるようになり、手に入りやすくなりました。
でも、私のお気に入りはこちら…。
f0015435_546952.jpg
Gegenbauerのオイル…。
もともと、この会社はビネガーや酢漬けが専門のお店です。
Wienのナッシュ・マルクトにもお店があり、ここでも量り売りをしています。
入っている瓶も可愛い…♪
このお店のカボチャオイルを食べて、それまでの物と明らかに違うことにびっくりしました。
とっても、農耕なのです。 甘味にも深みがあってしっかりカボチャを主張しています。
ただのレタスがとっても味わい深くなるので不思議です、それまで以上にサラダにはまってしまい野菜を多く採るようになりました。
そして、もう一本面白いオイルが左側にある瓶に入った"Marillenkern Öl" アプリコットの種のオイルです。
このオイルは、食べた後鼻にかけて杏仁の香りが通る一風変わったオイルです。
まだ、このオイルに合うビネガーを見つけていないので、今度Wienに行った時にでもこのお店で探してこようと思います。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-07 21:32 | 料理・Ételek
今回の年越しは…
今日は、街中も平穏な感じで家の前の通りもいつもと変わらぬ風景に戻っていました。
クリスマスはあんなに大きな休みで一大事なのに対して、新年はとってもあっさりしている。
やっぱり日本のお正月はすごいね、初売りとかもう何年も行ってないけれどニュース映像見て驚きましたよ。 命かけてるって感じで! 
さて、今日は昨日作ったおせちを 先日おせちを頂いたお友達に届けました。
っていっても、私が付け足して作った品だけをパックに詰めると、普通のお弁当となんら変わらないように見える…(汗 ま、そこはご愛嬌で。
着いたら、お雑煮をご馳走してくれました。 大根や人参・ちくわ・なると・ごぼうなど具沢山の味噌仕立てでした。 山口県の方はこんな感じなんだとか。
私の実家は味噌仕立てでも、丸もちにねぎと蒲鉾と鰹節だけと言うシンプルな物。(でも田舎だからおもち一個がでっかい!って感じなんですよね。)
土地それぞれで、違って面白いですね。 今日のお雑煮も美味しかったけれど、これにあんこの入ったおもちを入れるのが山口で主流なんだとか…、一度は食べてみたいとこっそり好奇心をそそられました。

さて、時は大晦日です…
f0015435_10134614.jpg

作った押し寿司片手に友人宅へ。
彼女もシーチキンとかに、2種類のまき寿司を作ってくれていました。キレイに巻けていますよね。やっぱり楽しいときにはお寿司ですよ。
f0015435_10141852.jpg
ワインも忘れません。この日飲んだのは3種類のワイン。
イタリアの"Casa Fondata Ner CORVO 2003"
ハンガリーの"Szekszárdi Cabernet Sanvignon 2001"
もう一本は書き留めるの忘れてましたが、甘口のハンガリーワインでした。
この日のメニューは、他にトン汁・から揚げ・砂肝の煮込み・とうもろこしのサラダ・えびのマリネなどです。そしてメインはもちろん年越しそば!
f0015435_10314590.jpg
この日のために、先日ウィーンでえびを調達したのです!
年越しをまたいで、てんぷらを揚げていたので12時丁度のハンガリー国歌を聞きそびれちゃったけれど、年越しちゃったそばだったけれど、そんなことはいいのです、おいしいんだから。他に、とろろ芋も擦ってとろろそばも作りました。やっぱりこれですよね♪
ハンガリーでは年越しには"Virsli"というソーセージにマスタードを付けて、シャンパンと一緒に食べます。なので、ハンガリー人の旦那さんはどうも日本の年越しそばでは物足りないらしく、自分でこれを茹でて美味しそうに食べ、ん~~~♪と嬉しそうにしていました。
やっぱり育った環境って大きいんだなぁ。
f0015435_10243488.jpgさて、翌日の元旦といえば、日本ではおせちにお雑煮ですが、ここハンガリーでは"Lence"レンチェというお金の形に似たお豆を煮込んで食べます。一見ぜんざいのように見えますが、味付けはやはりハンガリーでパプリカ風味です。
この煮込んだ豆の上に、"Virsli"ではなくもっと太い"Kolbás"や厚切りベーコンのような物をのせて食べます。
そして、一人のお皿にだけ幸運のコインが入っているというご愛嬌も有り。
今月の月間お料理雑誌"KONYHA"はこのお豆の特集で、興味もあって作ってみようと思っていたのですが、豆料理がそんなに多く食べられない私はどうしようか考えていたところ、ここで食べれたので今年は良しとしてしまいました。
はちきれそうになるまで食べたこの日…次の日、おせちを食べようにもまったくおなかが空かなくて困ってしまいました。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-02 23:12 | 料理・Ételek
おせち料理
新年明けましておめでとうございます。
昨年末から始めたこのBlogですが、本年も変わらず日々ぶつぶつと語っていこうと思います。
お付き合い頂けたら嬉しいです。

さて、昨夜の年越しそばは、えび天ととろろもあって、美味しく頂きました。
後日、写真などUPしようと思います。

今日は、元旦と言うことでおせち料理を作ってみました。
友人から、いくつかのおせちアイテムを頂いたので、それを補うメニューを加えてお重が出来ました。
f0015435_633074.jpg

◆2006 おせち料理メニュー◆
・ かにとサーモンの押し寿司(昨夜作ったあまりです)
・ ゴマ豆腐(吉野葛とねりごまを使って作りました)
・ 煮しめ(さといも・厚揚げ・レンコンは私が、椎茸・ごぼう・人参は友人が作り、合作です。)
・ さつま芋の甘煮
・ 黒豆(友人作)
・ 大根と人参のなます(友人作)
・ ごまめ(友人作)
・ ごぼうのたたき(友人作)
・ 豆腐田楽(甘味噌と練りうにの2種)
・ 白和え
・ 伊達巻卵(知人作)
・ えびとサーモン・トマトのマリネ(お酢はバルサミコを使ってみました。)
・ 一口ひれカツ
・ 鶏のつくね松葉焼き風
・ バンバンジーサラダ(練りゴマでたれを作ってみました。)

以上15種類

日本以外の異国の地でも案外できるもんですね。
もちろん、日本からの食材もありますけれどね。
今回は、紅白かまぼこがない分、何となくお正月色が薄いような気もするけれど、とても美味しそうに出来たので満足しています。
私の実家では、お客様用の精進料理のおせち料理と家族用のおせちの2パターンが作られていました。
家族用には、なぜかいつも一口ひれカツが入っていました。ほかのご家庭ではどうなんでしょうね。さめても柔らかくて、美味しくいただけるこのカツが懐かしく思えて、今回作りました。
大晦日の31日は、実家では朝から大忙しです。
夜まで、ほぼ一日をかけてお正月3ヶ日のお客様と家族のおせちつくりです。
栗きんとんを布巾絞りにしたり、今年は洋風のきんとんにしてみようと変えてみたり、出し巻き卵を5本分焼いたり、庭から飾り用の木や花々を摘んできたりと、やることはいっぱいあるけれどその過程がとても好きでした。

元旦の朝、本堂でのお勤めを終え、神社に参拝に行き家に戻ると、丸もちのみそ雑煮とお重が並べられ、それらを食べる時はなぜかとても嬉しく、そして美味しく感じられるのです。
作る過程でつまんだり、味見をしてその味を知っているのに不思議です。
やっぱり、お正月におせちを食べると言う行為もご馳走の一つになってるのでしょうね。

今年も皆様にとって福多し年でありますように…。
[PR]
by klarinette_hu | 2006-01-01 21:30 | 料理・Ételek