気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:レストラン・Étterem( 20 )
牛肉を食べよう!
チラチリラチと降ってきたかと思うとすぐやんだり、そうかと思うと思考回路が無くなる位振って来る、雪とお天気が入り混じったBudapestです。
最近また寒さが厳しくなってきたようです。

街中にはイルミネーションがどんどん取り付けられ、クリスマス市の小屋もたって後はOpenを待つだけです。
今年も寒空の中でホットワインを飲む季節がやってきました♪
それと同時に、クリスマスカードを書いたり、いい加減にたまった片付け物をしたり、ちょっとのんびりした分そろそろ練習も再開しなくてはと、やらなきゃいけない事に追われる季節・・・。
無事にカードは書き終えるのだろうか・・・ふぅ。

たまっている事といえば、私の写真。
このBlogに載せようと撮っておいたのに、サボりすぎて今だ載せられていないものが多数。
そんなわけで順番にちょっとずづUPしようかなと・・・。

今日の題名にある 「牛肉」 
ハンガリーでは、日本のように霜降り~♪とか、ジューシー♪とか、とろけるぅ~♪といった種類の牛肉は余りありません。
あるのは、硬く、脂身も少なく、パサパサしたものばかり。
なので、煮込み料理には合うのですがね。
他の近隣諸国では食べられるのかもしれませんが・・・どうだろ。

でもやっぱり日本人ですもの、ジューシーなお肉がたべたい!!  ・・・食べたい!!
f0015435_7521769.jpg
そんな時にぴったりのお店が1軒。
アルゼンチンから牛肉を輸入している「Pampas Argentine Stakehouse」
日本人の思い描くステーキが食べられます。
メニューには”神戸牛”も特別メニューでありました。(お高いけどね。)
自分の好みの部位を100g~300gのお好みの量でオーダーし、ソースも付け合せも選ぶ事ができます。
もちろん、焼き方もちゃんとオーダーできます。
ステーキの上に乗っかってやってくる牛くん、それが焼き具合のしるしです。

ちょっと友達の牛くんもお誘いして・・・・・
f0015435_814539.jpg
「放牧中の牛くん達の図」を作ってみました。

・・・・・・・・いい歳してスイマセン。

赤牛はミディウム。   青牛はウェルダン。   ピンク牛はミディウムレア。
レアの牛だけいませんでした、何色だろう?


中央市場のすぐ近くにあります、029(おにく)の日に行ってみてはいかが?
[PR]
by klarinette_hu | 2007-11-27 23:38 | レストラン・Étterem
帰ってきたPC!
演奏会も無事終わり、今週は比較的のんびりと過ごしております。
寒い中、演奏会に足を運んでくださった皆さん、有難うございました。
その後も、いろんなお言葉を頂き、嬉しい限りです。

そんなこんなで、駆け足で過ぎた1週間でしたが、ただでさえ駆け足なところに、「PCの故障」と言う、なんとも不運な出来事が重なっていました。
お返事が遅れている方々すいません、この記事をUPしたらお返事書きますね。(汗)
先週の事です、いつも道り身支度をしながらPCで動画を流していると、画面が真っ暗に!!!
ガーーーン!!
思い当たることをいろいろ試すもダメ・・・・・急いで必要なファイルを外付けHDDに移し(辛うじてすっごく目を凝らすと何とか見える・・・でも半分は感!)、リカバリしてみるも画面は真っ暗のまま・・・。
どうやら液晶画面がダメになったらしいです。
そんなこんなで、演奏会翌日にノートパソコンの修理屋に出し、今日戻ってきたところです。
ハンガリーにしては、結構すばやい対応だったので、言われていた修理費よりも高くついたけれど良しとしよう。

引き取りにいったら、液晶画面がすっぽり外され、総入れ替えされていましたよ・・・。
でも、HDDがだめになってファイルが消えたとかじゃなくってよかった!!
f0015435_73277.jpg
さてさて、おいしぃお話♪
先週はとーーっても贅沢な1週間で、日本からのお客様と一緒においしいひと時を毎日過ごしていました。
そのひとつが、私の家から徒歩3分ほどの距離にあるリストランテ。
いつも前を通るたびに、中を見ては行ってみたいなぁ~と思っていたお店。
なんでも、日本の旅行雑誌の一番最初に載っているらしく、それも納得のお味でいつも満席! 実際当日の予約じゃ無理でした。
ここは、ワインセラーがコーディネートするお店で、お料理にあわせてワインを選んでくれます。
ワインはもちろんだけれど、アレンジされたハンガリー料理がめちゃおいしい♪♪ 
前菜にはトランシルバニア地方の郷土料理の「なすのペースト」と、上の写真の「フォアグラのレチョー風味」 
レチョーはパプリカやトマト・たまねぎなどをパプリカ粉風味で煮たハンガリーの家庭料理。
フォアグラ・・・・おいしかったぁ・・・・。 いろんなフォアグラ食べてきたけど、ほんとおいしかったです。

f0015435_711529.jpg
私が選んだメインは「鴨のロースト・りんごのリゾット添え」です。
みんなが頼んだどのお料理もおいしかったです!
前菜とメインで、赤ワインをそれぞれセレクト。 メインが来るまでは、この赤ワインはどうかな?と思っていたけれど、さすがですねぴったりでした。
日本人には多いから、メインを数皿頼んで、シェアしてもいいですね。
f0015435_715504.jpg
デザート代わりに頼んだのは、貴腐ワインのトカイワイン。
これまた贅沢に、ハンガリーでしかできない”飲み比べ”しました。
どれもランクの高い3つのトカイ。 色の一番濃いのが 有名なアスー。 ちなみに6put.
お値段は嘘つかず・・・ お味も素晴らしかったです。

ひとつだけ頼んだ、ドルチェはオレンジ風味のティラミス。
最初から最後まで本当に素晴らしいお味でした。

メニューには、ワインを楽しむためのおつまみ的なメニューがリーズナブルな価格でありました。
これはちょっと、足しげく通わなくてはなりませんね。(笑)
コルクをあしらったテーブルも素敵です。

本当に楽しい時間でした、ご馳走様でした!
[PR]
by klarinette_hu | 2007-11-23 22:49 | レストラン・Étterem
劇場人の集うCafe
最近、一日に1度いきなり突風が吹くBudapestです。
日本は梅雨に入るところだし、突風で犠牲者も多く出ているようですね。
暑い雨雲に覆われたかと思うと、あっという間にザーーーッ!と大雨。
折り畳み傘を忘れられません。

さて、今月末から7月上旬にかけて、ここハンガリーでは入試シーズンです。
もちろん、音楽だって入試はあります。
そのため、高校生は最後の追い込みの練習時期。
今日は、入試の曲に慣れるためも兼ねての「高校生によるコンサート with Ensemble Bell」がありました。
そこで私も、Ensemble Bellのメンバーとして1曲、ピアノ6重奏を演奏しました。
私達はさておき、主役の高校生達は良くがんばっていたし、きっとこの1ヶ月でもっと伸びることと思います。
2人のファゴットの生徒はとっても上手で、「17・8歳でこんなに?!」と思いました。
将来が楽しみです♪

f0015435_6493591.jpg
さてさて、ここはオペレッタ劇場が立ち並ぶ通りにある、Cafe 。
このCafeの隣の劇場は、コメディー演劇場。
そしてこのCafeの名前は、その名も「コメディアンカフェ」。
店内には、コメディ役者さん以外にも、この周辺で活躍した歴代の役者さんのプロマイドが飾られています。
劇場がはける9時過ぎには、どっと観客がつめかけ夜中まで賑やかに。
その中には、たったいま演技していた役者さんがいたりもします♪

私はこのCafeの雰囲気が好きで、時たま行きます。
ここでは、毎晩小さなアプライトピアノでの生演奏もあってミュージカルやJazzなど、楽しい音楽を奏でてくれます。
この2階に行くと、赤いベルベット生地のソファー席があって、そこが私のお気に入り。
お店の雰囲気は1900年代初頭を思わせ、とってもエレガントでクラシックです。
f0015435_6594493.jpg
タイムスリップの気持ちで、コーヒーブレイク♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-06-11 23:19 | レストラン・Étterem
再び巨匠
今週もお天気の安定しないBudapestでした。
お天気が良かったと思ったら、あっという間にどしゃぶりの雨に降られたり・・・・
そんな今日の夕方も、突如スコールのような嵐と雷でしたよ。

今週は外に出ていることが多く、いろんな楽しい体験もしていたのでした。
3月の演奏会で共演したヴァイオリニストの素敵なお宅にお邪魔して(本当に素敵なお家でびっくり!!)、お庭のさくらんぼを採らせてもらったり、生まれて3週間の子猫ちゃん4匹と遊ばせてもらったり、音楽のことはもちろん、美術のことやハンガリーのことなど本当にいろんな話を聞くことが出来て、素敵な時間を過ごせました♪
1000年前の教会跡にも案内してくれたので、それはまた後日UPしますね。

日曜日には、東駅裏にある蚤の市に・・・・。
そこは、街中の雰囲気とはまったく違う「何年前のハンガリーー????」と思うくらい、異国情緒を感じる場所でした。
いろんな物が所狭しと並べられ売られていて、本当にエキサイティングな感じ。
雰囲気はちょっと危ない感じなので、かばんを持つ手にも力が入ってしまいました。(汗)
本当は写真を撮りたいところだけど、今回はやめ・・・。(苦笑)

f0015435_4395960.jpg
昨日はというと・・・・久しぶりに「巨匠のお店」に行ってきました♪
どんなところ?と思った方は過去の記事をみてくださいね。
今回も巨匠は元気に素晴しい演奏を聞かせてくれました♪
f0015435_449644.jpg
今回は、ちょっと前菜にギリシャサラダを少し。
そして、ここに来るといつも大人数で食べる、木のお皿に盛られたお肉料理の盛り合わせをオーダーします。
もちろん、メニューにはいろんなハンガリー料理があって一人ずつ好きなものをオーダーできますよ。

木の盛り合わせには、4種類のお肉(牛肉・鶏肉・豚肉・七面鳥のプラムはさみ)と、3種類のマヨネーズサラダ(マッシュルーム・きゅうりのピクルス・たまねぎ)、そしてフライドポテトとマッシュポテトが盛られています。
そして、べつの器には「レチョー」という、パプリカやトマト・たまねぎなどたくさんの野菜を、これまたパプリカで煮込んだハンガリーでポピュラーな付け合せがあります。

このレストランは、昔ながらのハンガリーのインテリアスタイルを残しているので、ハンガリーの雰囲気を味わいたいならいい場所だとおもいます。
ここで、巨匠の演奏に耳を傾けながら楽しいひと時を過ごしました。

でも、巨匠が弾き始めると無意識のうちにフォークを持つ手が止まって、口も止まって聞き入ってしまうのだから、やっぱり巨匠はすごい!!
今回は、ほんの数分だったけれど巨匠がお弟子さんにレッスンするという貴重な瞬間を目撃!
これがまた、さらっと食事するお客さんにはわからないように、演奏をしながらさりげなくなのです。
もちろん言葉なんて使いません、 ヴァイオリン1本でわずか1・2分の事。
それでも、そのときの巨匠の眼力と、演奏だけでしっかり伝承されていたのです。
思わず私も、聞き逃してはいけない!!と聞き入ってしまいましたよ。
f0015435_554749.jpg
最後は、りんごとカッテージチーズのパイで楽しいひと時を締めくくりました♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-06-05 21:23 | レストラン・Étterem
トルコな気分
今日は昨日よりもいいお天気だったBudapestです。
長いグレー色の冬がやっと明け、待ってましたとばかり街中は人で溢れています。
冬の間この人たちはどこにいたんだろう・・・?
ちょっと暖かくなると、とたんに露出度も高くなるのがハンガリー女性です。
今がそれなら夏はどうなってしまうんだろう・・・と言った感じ。(笑
f0015435_644341.jpg
街中を歩いていると、水色が鮮やかなトルコ料理レストラン&カフェを見つけました。
丁度、午後のティータイムにぴったりの時間だったので入ってみることに・・・。
店内には、トルコ人のお客が遅い昼食をとっていて聞こえてくる言葉ももちろんトルキッシュ、ちょっとエキゾチックな雰囲気がしました。
f0015435_615718.jpg
トルコと言ったら、トルコティーとトルココーヒー。
お茶が200Ft(約110円) コーヒーが250Ft(約130円)とお安い!!
そして、トルコのデザート「ライスプディング」。
ここのはとってもクリーミーでとろけるプリンのようで美味しかったです♪
普段と違ったティータイムを味わえていい感じ。
f0015435_6283079.jpg
トルコの食器も可愛らしくて、心惹かれてしまいます。
また、行って見みようっと♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-04-05 22:34 | レストラン・Étterem
こんなのあり??なコーンスープ
今日も気持ちのいいお天気のBudapestです。
コートは着ずに、春物のジャケットだけで街を歩いても気持ちのいい気温でした。
今日は久しぶりに"アストリア"から"ミューゼウム通り"にかけてある、アンティーク屋や古本屋ばかりが集まる所に行ってきました。
お目当ては、アンティーク楽譜屋。
楽譜以外にアンティークLPやCD、新品の楽譜もあります。
クラリネットの棚を片っ端からみて買った楽譜の数は12冊、練習曲やソロ曲、デュエット曲、珍しいロシアの楽譜などなどいろんな楽譜を入手しました。
中には50円や300円の楽譜もありました。 お安く手に入れられて、うれしいな♪

さてさて、昨日行ったケチケメートでのランチ。
友達と一緒に「りんごと胡桃とセロリのサラダ」を食べ、メインは「アンチョビのトマトスパゲティ」にしました。
f0015435_528020.jpg
トマト味は、ハンガリーではケチャップ味なことがあります。
このお店も例外ではなく、ケチャップで味付けしてあり、しかもこちらのケチャップは甘みがあるので、初めて食べる人には何とも不思議な味だと思います。(笑)
ハンガリーのスパゲティーというと、結構ブヨブヨにのびていたりします。それにこの甘いトマトソースだから、慣れるまでははっきり言っておいしくない・・・・。
それが、不思議なことに生活も長くなると、無性にこの「ブヨブヨパスタ」を食べたくなるのです。(笑)
なんというか、「給食のソフト麺」に似た感じです。

さてさて、今日の本題はこのメインの前に飲んだ「コーンスープ」。
日本にいる時から、あのほんのり甘いクリームコーンが大好き♪
クノールのつぶつぶコーンスープや、冬には自動販売機のコーンスープ缶をこよなく愛していました。
ハンガリーでは、少々味が塩味に近く違うものの、やっぱりコーンは好きなのでよく頼んで飲みます。
昨日もこのお店のメニューにコーンスープがあったので頼みました。

ところが!!!!テーブルに来たスープを見て、衝撃を受けました!!
f0015435_543386.jpg

・・・・・コーンっていうか・・・・ポップコーンじゃんっ!!(笑)
まあ、スープの方はコーンの色もしているし~♪と思って飲んでみると、ベーコン味のみ。
試しに友達にも飲んでもらったのですが、満場一致でやっぱりベーコン。
コーンの風味は跡形もなくベーコンに消されていたのでした。(涙)
その後、ポップコーンをスープに入れるものなのかと試してみるも、入れたとたんにシュワシュワと消えていくポップコーン・・・・・・・・?!?!
何をしたいのか分からないまま、結局ポリポリとポップコーンだけを頬張ったのでした・・・。

時々、ハンガリーでは創作と言う名の奇怪なお料理が出されるのでした。(笑)

はぁ~、恋しや「ほのかな甘みのコーンスープ」よ。
・・・・と言うか、素直に自分で作った方が早いですね・・・。(苦笑)




P.S. 最近ひっそり一枚のハンガリー更新中・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2007-03-28 22:18 | レストラン・Étterem
メキシカン・ビュッフェ
今にも雪が降りそうなBudapestです。
朝からクラリネットの実技試験を聴きに行き、早めに終わったのでランチをすることに。
Budapest新地開拓プロジェクト始動です。(笑
f0015435_9124485.jpg
ハンガリーには珍しいメキシコ料理です♪
4・6番路面電車沿い、リスト音楽院に程近い所にあって前から路面電車に乗るたびに見えていて、気になっていました。
何せ、メニューを見ても?がいっぱいなので、じっくりとメニュー選び・・・。
結果、タコスメニューにしました。 それが、この写真。
f0015435_9154281.jpg
タコスは、ビーフひき肉と、チキンが選べました。
付け合せはお豆のピューレとメキシカンライス。サルサソースを付けて食べました。
最初は不安があったものの、ハンガリーには珍しいので新鮮味があって良かったです。
他のメニューも、チョリソやトルティーヤのトマト煮(?)、タコスサラダなどなど気になる物が結構あります・・・・。
あと、サルサソースやアボガドソースなどソース類が豊富で、それをチップスで食べたりとおつまみになりそうなものがいっぱいでした。
ビールもちゃんとあったし、夜2時まで営業・・・・ココはもしかするとちょい呑みに最適なのでは??と思います。
メキシコ料理で飲むのも楽しそうだなぁ~。

一応、このお店はビュッフェなので、料金もなかなかお手頃ですよ。
野菜も取れて健康にも良さそうなので、これからもちょくちょく行こうかな♪


Go to Ranking!!
    にほんブログ村 クラシックブログへ 
↑こちら、海外(ヨーロッパ)ランキングにぷち挑戦中!ぽちぽち押してください☆
[PR]
by klarinette_hu | 2007-01-24 23:16 | レストラン・Étterem
気になる食べ物
ちょっと、お休みしていたBlog・・・。
試験期間だし・・・という言い訳のもと、サボっていました。えへへ。

学校の直ぐ隣にあるレストランに、ちょっと気になる食べ物があります。
f0015435_9343939.jpg
最近、ちまたで(私の周り?)このツボに入った食べ物がちょっと話題です。
お皿の上に、このガラスのツボだけが蓋を閉められた状態で運ばれてきます。
誰かが食べていると中がどうなっているのか、非常に気になるメニューです。
誰もが、食べてみい衝動に駆られるメニューです。  連鎖反応が起きます。
こちら、「Marha ragu」 牛肉のラグーと言います。
ラグーという意味がよく分からないのですが・・・・美味しいです。

何が入っているかというと、下にはジャガイモのピューレ。
その上には、牛肉を柔らか~~く煮込んだ物。
ビーフシチューをもっと煮詰めた感じと言ったら近いかな・・・・。
それをですね、ガラスのツボの中でぐちゃぐちゃに混ぜるのです!!
f0015435_9394595.jpg
写真のために、ちょっとよそ行きに撮ってみました。(笑)
クリーミーなジャガイモと、牛肉の旨みが合わさって、なんとも美味しいです。
小さく見えるこのガラスのツボ、意外や意外、かなりの満腹感が得られます。
ツボをつつきながら食べる、なんとも言えない感じがまたいいです。

ハンガリーに来て結構たちますが、未だメニューを読んでも想像できない料理があります。
語学力の問題とかいう意味ではなく、それらの食材がどうなってるの??ってことです。
実際ハンガリー人に聞いても、わからない場合も・・・。
注文して食べてみないとわからないチャレンジャーなハンガリー料理。
奥が深いです・・・・・。
[PR]
by klarinette_hu | 2007-01-19 23:30 | レストラン・Étterem
「noir et l'or」でランチ
すっかり新年気分もなくなり、通常生活に戻ったBudapestです。

さて、ここ最近「新境地開拓!」と言う事で、今まで行った事の無い所へ行こうと計画中です。
そして、数日前も新しいレストランでランチをしました♪
このBlogに遊びに来てくださる方の中で、「あそこはどこですか?」との声が多くあるので、今までカテゴリでは「料理」で一つでしたが、お家以外での食事つまり外食は「レストラン」にカテゴリ分けすることにしました。
お勧めのお店には、住所なども入れようと思います。
過去に書いた記事の中でも少しづつ整理して、Budapestに旅行に来る際の下調べなどに使っていただけたら幸いです。

と言うわけで、今回の新境地はレストラン「noir et l'or」
f0015435_5441888.jpg
リスト広場にもなんだか飽きてきたし、近場でないかしらと思っていたら見つけたお店です。
リスト音楽院の目の前の通り「キラーイ通り」にあります。
最近、道路もキレイに整備されアート系のお店が軒を連ね始め、ちょっと注目の通りにあります。
音楽院からは少し歩くけれど、そこに行くまでの間には「モダン家具店」「インテリアショップ」「リサイクルの古着屋」「アートガレリア」などがあってウィンドーショッピングで目も楽しめるのでその距離はまったく気になりません。

このレストラン、とっても大人の雰囲気でエレガントです。
夜のメニューではなかなか良いお値段のおみせです。
でも、平日の日替わりランチメニューは1250Ft(約700円)でその雰囲気が楽しめます。
基本的に、スープとメインの2種類ですがこれでもお腹には十分の量です。

この日のメニューは「ブロッコリーのスープ」と「ラザニア」でした♪
f0015435_5543399.jpg
ただのラザニアがこんなに美しく出てきました~。
これらに、お水とコーヒーをつけてぴったり2000Ftでした。
雰囲気もよくって、店員さんも親切で良いお店だと思います、またランチに来たいな。

ちょっとお洒落をしたい日、いつものレストランに飽きちゃった日などにいかがでしょうか?
お店のHPはこちら・・・・「nori et l'or」


◆「noir et l'or」 cafe&étterem◆
 
1075 Budapest, Király utca 17.
+36 1 413 0236




Go to Ranking!!
    にほんブログ村 クラシックブログへ 
↑こちら、海外(ヨーロッパ)ランキングにぷち挑戦中!ぽちぽち押してください☆
[PR]
by klarinette_hu | 2007-01-05 21:33 | レストラン・Étterem
クリスマス市でごはん
今日、12月6日は「サンタの日」でした。
そして、気が付いたらこのBlogを始めて1年が経っていました。
いやぁ~ 早いもんです。
何気なく始めたBlogが1年も続いたなんて、自分でもびっくりです。
f0015435_6364570.jpg
さて、数日前のことです。
演奏会の前に腹ごしらえをしようと、お友達とクリスマス市にやってきました。
たくさん並ぶ屋台の中から、一番いい匂いを醸し出していた一軒を選び、そこで出来立てのメニューを選びました。
「鶏肉とジャガイモのパプリカ炒め」と「お肉の串焼き」とパンです。
飲み物は、もちろんホットワイン。
演奏会前にホットワイン?と言われそうですが、暖められたホットワインにはまったくアルコールは残っていません。 というか、残っていても寒さで酔いも消えてしまいます。
パプリカ炒めはピリリと辛さが効いて、ご飯が進みそうな味です。
お肉の串焼きは、豚肉と豚肉の脂身部分と玉ねぎが交互に刺してあります。
私は、この脂身が苦手なので取り出してしまいますが、玉ねぎにこれらの味が良く滲みていて美味しいです。 おかずというよりおつまみですね。
やっぱり、これらのおかずには中のしっかりしたパンが良く合います。
各屋台の周りには、木で作られたテーブルとベンチが並べられていて、食べられるようになっています。
f0015435_6471747.jpg
広場には、ステージも作られていて、毎日色んな催し事が繰り広げられます。
私達が食べているときには、民族音楽を奏でるカルテットが演奏していました。

そして、クリスマス市で食べなくてはならないのが"Kürtűskalács"クゥールトゥーシュカラーチ
今年も変わらずクルクルと焼いている焼き立てを買って食べました。
外気との温度差で、ビニールが曇り直ぐに冷めてしまうのが残念。(涙)
今年はあと何回食べられるかな・・・♪


"Kürtűskalács"クゥールトゥーシュカラーチってなに・・・・?
・・・っと思ったら去年の記事を見てみてくださいね♪



 ↓ Go to Ranking!!
にほんブログ村 クラシックブログへ    海外(ヨーロッパ)にランキングに挑戦中!
[PR]
by klarinette_hu | 2006-12-06 22:33 | レストラン・Étterem