気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Wedding Music♪
f0015435_5221281.jpg
昨日は、知人の結婚式でした。
ドナウ川を挟んで国会議事堂の真正面にある教会。
外から見た感じはレンガ造りのどっしりした門構えだけれど、中に入ってみると、とってもシンプルで落ち着いた雰囲気の教会でした。
そして、面白いのは上から見ると6角形になっているのです。
建物の真ん中に神父さんの祭壇が位置づけられていて、240℃どこからでもお話を聞く事ができる設計。

さて、通常は下の席で参列するのですが、なぜこの6角形を撮れたかというと・・・
f0015435_5274697.jpg
上の階から、パイプオルガンと演奏していたのです♪といっても、私は1曲だけね。
新郎のDiplomaコンサートでのオーケストラや、新婦とも一緒に演奏したご縁もあって今回リクエストいただきました。
私のほかには、パイプオルガンのソロはもちろん、お二人のお仲間による楽しい「金管6重奏」もあってバラエティー豊かな音楽結婚式でした。

このお話をいただいた当初は、半年ほど前にパイプオルガンと演奏したアヴェ・マリアシリーズでもと考えていたのですが、後日Telをもらい、アヴェ・マリア・・・つまり、マリア様をたたえる音楽はNG!と驚きの事実を知ったのです。
同じキリスト教でも宗派によって、マリア様を称えるもの、キリストを称えるもの、そのどちらも称えないものなどいろいろあるのです。
まぁ、仏教もいろいろ宗派があって信仰がそれぞれ違いますものね。 お勉強になりました。

ということで、今回は落ち着きのあるクラシックをとのリクエストに、実は前々から気になっていた・・・・・
W.A.Mozart  クラリネット五重奏から2楽章”をパイプオルガンと演奏しました。
弦楽器ともまた違う雰囲気で、いい雰囲気。
パイプオルガンは鍵盤の一つ一つをしっかり押さえ、パイプが鳴るまでの時間があるので、普段よりもテンポはゆっくり。
どの教会のパイプオルガンも、音程はとっても低い(338くらいまで低かったかも・・・?)でも、なんとも穏やかに、心にしみる音楽になるのです。
参列者の評判もなかなか良く、ハンガリー放送響のクラリネット奏者である新郎のお父さんも、この組み合わせはいい!と太鼓判を押してくださいました♪
またまたパイプオルガンとの共演という嬉しい機会と、新しい発見を下さって本当に嬉しかったです。
f0015435_674020.jpg
さて、式の後はパーティーです。
このケーキは、1段ごとに種類の違うケーキになっていました。
あとは、クッキーやポガーチャなどの軽食を頂きながら、しばし談笑。
その後は、彼らの新居でのホームパーティーと場所を移し、今度はボリュームたっぷりのハンガリー料理を頂きました♪
ホームパーティーは、彼らの金管仲間の手作りパーティー!!
内装はどこかのCULBかのように飾り付けられ、どこからかビールサーバーや、ケイタリングを温め続ける道具など、どこからもってきたの??っていうものばかり(驚)
さすが、金管はやることが違うな・・・うん。(笑)
Tuba吹きの手作りプルクルト(牛肉のパプリカ煮込み)は絶品でした。
ちょっとラードの量が気になるところ・・・・金管の男集はよく食べてみんなデッカイッ!
それを横目にまた食べてしまった・・・・。(汗)

とてもアットホームで素敵な結婚式でした。
いつまでも仲良く、Babyと一緒にお幸せに・・・・♪
[PR]
by klarinette_hu | 2007-11-25 21:20 | 音楽・Zene