気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Diplomaコンサート”トロンボーンとクラリネット”
昨日は2つのディプロマコンサート(卒業試験演奏会)がありました。

まず一つは、バストロンボーンの演奏会で、前半にBachのフルートソナタ BWV 1033を、弦楽四重奏とチェンバロの伴奏で演奏されました。
今まで、トロンボーンがそのような編成で演奏されるのを聴いた事が無かったので、セッティングされたステージを見て目が丸くなりましたが、これがとっても音色がマッチして美しいのです。
新たな発見でした。
2曲目はハンガリー人作曲家Szöllőssy andrásの「Hundred Bars for Tom Eerett」という作品で、これもセッティングを見たとき何が始まるのかドキドキワクワク・・・。
ステージ上にはパーカッションのボンゴとコンゴのみが設置され、2人だけのセッションがはじまりました。
メロディーを模写するようなリズムや、バストローンボーンは歌いながらの重音演奏はブラボーの一言でした。
バストロンボーンってこんなにカッコイイ楽器だったんですね~。
前半の最後は、トロンボーンカルテット(4本のトロンボーン)の演奏、彼がメンバーの一人でもある「Corpus Haesonakvartett」コルプストロンボーン四重奏は、世界中のさまざまな金管コンクールで賞をとっているグループで、その息の合った演奏にはとても聞き入ってしまいました。
完璧な純正和音を作り出されると、まるでパイプオルガンのようでホール中が共鳴するのです。これはちょっとした感動です。
ハンガリーの金管楽器のレベルはとても高く、私もこちらへ来てからホルンやトロンボーンなどの演奏会に好んで行くようになりました。 

さて、休憩を挟んで後半は小品のあとにコンチェルトです。
私も今回このコンチェルトでオーケストラの中で演奏しました。
曲は、こちらもハンガリー人作曲家のF.Hidasの「2本のとローンボーンのためのコンチェルト」です。 この曲ほんとうに めちゃカッコイイ!!!!
F.Hidasの作品については、以前ソナタを初演するという縁あって色々聴いたり研究していました。 トロンボーンにはもう一つ1本のためのコンチェルトもあり、ホルンコンチェルトとともにそれらもカッコイイのですが、この2本のコンチェルトは一番かっこよく、そして美しい!!!
3楽章からなっており、Hidas特有の奇数拍の拍子や、7度の和音がふんだんに使われています。
練習するにあたって、変拍子なのにヘミオレが出てきたりと、ちょっとリズム的に合わせるのが難しかったけれど、さすがに本番はみんなの集中力もあってうまくいっていました。
クラリネットの隣には、4本のホルンがいるのですが、曲の盛り上がりになると彼らが登場するのです、そしてまたハンガリーの素晴しいホルンですから、それはそれは一緒に吹いていて気持ちいいのです。
ホルンの音色の波に乗ってサーフィンでもしているような気分で演奏してしまいましたよ。(笑
本当にこの曲を一緒に演奏できたのが嬉しくて、こちらが有難う!という感じです。

Hidasさんも会場にいらしていて、とても今回の演奏が素晴しくて嬉しいと仰っていました。
DVDみるのが楽しみだなぁ~♪


そして、夜はクラリネットの演奏会でした。
私が来てから4年ですが、もう彼も卒業なのかぁ~寂しいなぁといった感じです。
一緒にイタリアに行った思い出を思い出したり、自分のようにドキドキしながら聴きました。
演奏会は大成功で終わり(ニールセンのコンチェルトは凄かったなぁ)夜は、寮で今日の2人合同のディブロマパーティーがあってお呼ばれしたので遊びに行ってきました♪
クラリネットの演奏会に行くと久々の対面(学校が違う子や先生方)に会えるので休憩時間もパーティーも楽しみです♪
昨日は、金管のごついお兄ちゃんたちもいてなんだかいつもと違った雰囲気で面白かったです。
トロンボーンと一見あまり関わりが無いように思っていましたが、今日の主役のお父さんも放送響のクラ吹きだったり、クラ吹き仲間の双子の兄はトロンボーンだったり、私の一番大好きな先生はトロンボーンだったりと、なんだかんだとパーティー会場で新事実が発見されすっかり馴染んでしまいました(笑
でもね、なじみついでにハンガリー語でシェーンベルクの12音音階について語られ始めた時は、「どうしようこの話題付いて行けるかな(汗)」と焦りましたが、無事会話を成立する事ができました!!(笑
しゅらふだったら無理だっただろうな・・・。
お酒が入ったほうが勢い付いてぺらぺらと話せる事があると思うのは私だけでしょうか?(笑

それにしてもいい一日でしたぁ♪


関係ないけど…
f0015435_5363795.jpg
Photo: 王宮のマーチャーシュ教会


↓ 今日も応援ぽちっとよろしくね♪ いつもありがとう。
にほんブログ村 クラシックブログへ    人気blogランキングへ




~ Tegnap Koncert ~

■ Veér Mátyás Dipromahangverseny
16:00~ "Zene Akademia Nagyterem"

F.Hidas : Kettősverseny (Harsona, Basszusharsona és Zenekar)
[PR]
by klarinette_hu | 2006-04-25 21:48 | 音楽・Zene