気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
春のフェスティヴァル市 その3
今日は、ある演奏会で1曲だけ出演させてもらいました。
このトリオ曲は夏にもフェスティヴァルで演奏した曲でしたが、毎回何かしらの発見や、「もっとこうしてみてはどうだろう?」といった変化が得られて良かったです。
まあ、課題はまだいっぱいあるけれど次にこの曲を演奏することが出来たら、また一つでも多く発見が得られればいいなと思いながら楽譜棚にしまいました。
f0015435_2351367.jpg
さてさて、皆さんお待ちかね(?)のフェスティヴァル市の屋台編です。
大きなフライパンで料理を作り出すのは、これまた大きなお腹のおじさん。
いつも思うんですが、ふくよかなおじさんがお料理したりお肉屋さんだったりすると、とっても納得してしまうとともにとても食欲をそそられます。(笑)
このおじさんも、まさにそうです。
まずフライパンの一番手前は、ハンガリーでよく食べられるお肉の一つPulyka七面鳥です。
七面鳥は鶏胸肉をもっと柔らかくしたような感じで、とてもおいしいです。
私はハンガリーに来て初めて鶏肉のように調理された七面鳥を食べたのですが、目から鱗でとってもおいしい!! 尚且つヘルシー!
女の子には嬉しい食材です。
この後、玉ねぎなどと共に炒め煮になりました。
その横は鶏肉のバーベキュー焼きで鶏肉のほかにサロナという脂身部分だけの切り身もはさまれています。 これは、炭火で焼くお店もあります。
後ろでは、お兄さんが鶏の丸焼きを焼いていますね。
さておじさんは何を作っているのかな?
f0015435_23595749.jpg
春のお野菜の付け合せでした(嬉)
野菜不足の冬が終わりやっとお野菜の季節で嬉しいです。
春のフェスティヴァルらしい色ですね。
そして、屋台で忘れてはならないのがこれ!
f0015435_04312.jpg
大きなソーセージ、 コルバース!!
コルバースは出汁になるように濃いめの味付けをされたソーゼージです。
パプリカが混ぜられたハンガリー独特のコルバースや、血と少量のお米をいれたコルバース(色は黒いです)などもあります。
大きさは、直径3~4cm長さ20cmほどでとても大きいので、これとパンがあれば十分お腹いっぱいになります。
もちろんビールのお供にもなりますよ。
まだ、暖かくなったとは言え風の冷たい日もあるので、ホットワインも売られています。
クリスマス市で見逃したと言う人は4月2日までやっていますよ!
このような屋台が沢山広場中に出ていて、このほかにかまど焼きのピザや、レーテシュやなどがあります。

こんどは、なに食べようかな(笑


~ Mai Koncert ~

■ Fagott hangversenyére 18:30~
"a Liszt Ferenc Zeneműveszeti Egyetem Tanárképző Intézetének Sándor Frigyes Terem"

Glinka : Patetikus Trió ( Kla.Fg.Zongora)
[PR]
by klarinette_hu | 2006-03-24 23:44 | ブダペシュト・Budapest