気まぐれMagyar ~ハンガリーからの調べ~
klarinette.exblog.jp
音楽やお料理などクラリネット吹きの日々徒然なるままに・・・ from ハンガリー 
Top
Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
聖イシュトゥヴァーン大聖堂
もうすぐクリスマスという事で、"Szt.István-bazilika"聖イシュトゥヴァーン大聖堂へ。
この教会は、通称"Bazilika"バジリカ!と市民に呼ばれています。
f0015435_59137.jpg

夏場はひんやりしていて、疲れたときにふらりと立ち寄りぼーっとするには持って来いですが、さすがにこのシーズンは寒いですね…。
この主宰壇の真ん中に白く光っていらっしゃるのが、教会の名前にもなっている聖人イシュトゥヴァーン。
イシュトゥヴァーンは初代ハンガリー国王でもあり、実在の人物。その証拠に(?)大聖堂の後ろの部屋には彼の右手のミイラが展示されています。
大聖堂と言うくらいですから、大きいのです。収容人数8,500人だそうです。
真ん中のドーム部分は直径22m高さ96m。そのスケール満点の天井がこれ。
f0015435_526692.jpg

はい、真ん中にイシュトゥバーンいらっしゃいますね(笑)
建築に50年掛かったそうですが、2003年に中の修復作業(主に金箔の張替え)が終了しました。知り合いのお父様がそれに携わってらしたそうですが、その年月やなんと14年!
修復が終了した年のクリスマスイブ・ミサは、ここからハンガリー国内にTV中継されました。
私はその時教会内にいたのですが、照明とクリスマスのシンプルな装飾が相まって、それはそれは幻想的でした。 そして、その幻想にさらに拍車を掛けたのがパイプオルガンの音色でした。
f0015435_5361024.jpg

「きよしこの夜」を一つとっても、グレゴリオ的な和音使いと音色がなんとも神秘的に感じさせるのです。 これまで日本でクリスマスに関る曲をきいても、「きれい」「可愛らしい」といった感想は持っても、あの夜のような不思議な感情を持ったことがありませんでした。
専属のパイプオルガニストがいらっしゃるそうで、機会があればお話してみたいですね。

クリスマスに向けて「死者への慰め」のろうそくを…。
f0015435_550319.jpg

[PR]
by klarinette_hu | 2005-12-14 21:00 | ブダペシュト・Budapest